ゴルフヴァリアント:レーダー探知機取付+デイライトコーディング 他(東京都K様)

情報は鮮度が命!?アユミデンキFacebook「株式会社アユミ電機」
普段の何気ない呟きは♪ アユミデンキTwitter→「@AyumiDenki」

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうも テツヤ です。

さて、本日この時間は作業紹介となります。
今回のご紹介は「VW ゴルフ7Rヴァリアント」で御座います。

お客様は都内からお越しのK様です。
ご利用有難う御座います♪
<m(__)m>

ご依頼頂いた作業は、先ず「レーダー探知機」の取付で御座います。
お選び頂いた製品は、ユピテルの「Z260Csd」で御座います。


知らない道を走る際の強い味方でありますレーダー探知機ですが、出掛ける事の多い大型連休には需要が高まる製品であります。

「Z260Csd」は大きめのモニターが特徴のレーダー探知機です。
スピーカーがモニターと一体になっているので、音声案内を重視される方は、設置場所の制限が発生致しますが、モニターに出る情報を重視される方にはお勧めの製品です。

今回の設置場所はご相談の結果、Aピラー根本への設置となりました。
ダッシュボード上をスッキリさせておきたい方にはお勧めは出来ませんが、モニターの見やすさはこの位置が最も適しておりますので、今回の様に「輸入車用OBD2コネクター」を使用する事での車両情報監視や、実用性を重視される方にはお勧めです。

続いては「First Step:Bピラープロテクションフィルム」です。


ゴルフ7の傷つきやすいBピラーを、洗車傷などから守るためのフィルムです。
ドア開閉時や洗車時などで気を付けていても、いつの間にか傷だらけになってしまいます。
これを目立たなくするために、カーボンシートなどが存在致しますが。
しかし思いのほか高額であるのと、太陽光による影響等で剥がれてきてしまう場合も御座います。
そこでお勧めしたいのがこの「Bピラープロテクションフィルム」です。
元々は飛び石からの保護を目的とした耐久性と、フィルムという素材の柔軟性から。
Bピラーの保護という点において、非常に優れた製品で御座います。
登場以来、安定した指名を頂いている定番のメニューで御座います♪

最後に「コーディング」を施工させて頂き完了です。

・ポジション灯DRL化+ウィンカー連動+サイドブレーキ連動
ポジション灯をデイライトとして機能させます。
メニュー画面でのON/OFFコントロールが出来るので便利です。
オプションで、ウィンカー点滅側のデイライトが減光、サイドブレーキで消灯する様に設定させて頂きました。




・DiscoverProTVキャンセル
停車中と同じ機能を、走行中でも使用可能に致します。
同乗者の方にTV視聴の提供が可能になり、また、ドライバーが運転中の為操作できない場合でも、同乗者の方が操作する事でのサポートも可能となります。

・アイドリングストップキャンセル
純正機能であります「アイドリングストップ機能」を完全にOFFに致します。
同機能を使う事の無いユーザー様にお勧めのメニューでは御座いますが、「アイドリングストップ機能」を復帰させる為には再コーディングが必要ですのでご注意下さい。

・ドアロック/アンロックアンサーバック
リモコンキーでのロック/アンロックに合わせて車両がアンサーバック音を発します。
ON/OFFのコントロールがメニュー画面で行えるので便利です。

・オートエアコン風量レベル表示
オートエアコン使用時でも、風量レベルが表示される様になります。

コーディングは車両が元々備えている機能を有効にする事により、
その機能が持っている恩恵に預る物です。
各機能は使用されているお客様によりメリットもあればデメリットも御座います。
御依頼に当たっては、先ずその点を考慮して頂きますと良いかと思います。
ご不明な点が御座いましたらお気軽にご相談下さい♪

「レーダーは他所に行ったときに重宝するね♪」と思った方は↓をクリック! 


人気ブログランキングへ

情報は鮮度が命!?アユミデンキFacebook「株式会社アユミ電機」

普段の何気ない呟きは♪ アユミデンキTwitter→「@AyumiDenki」

「東京町田の自動車電気専門店」
㈱アユミ電機

東京都町田市高ヶ坂3‐27‐15
TEL:042-728-9843
FAX:042-724-3682
・ホームページはコチラ→「(株)アユミ電機」
・お問合せはコチラ→「お問合せフォーム」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>