ゴルフ6:アルミ製アンダーカバー装着(神奈川県C様)


情報は鮮度が命!?アユミデンキFacebook「株式会社アユミ電機」

普段の何気ない呟きは♪ アユミデンキTwitter→「@AyumiDenki」

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうも テツヤ です。

さて、本日この時間は作業紹介となります。
今回のご紹介は「VW ゴルフ6R」で御座います。

お客様は神奈川県からお越しのC様です。
毎度ご利用有難う御座います♪
<m(__)m>

今回のご依頼は「アルミ製アンダーカバー」の装着で御座います。
前回の作業では「VW純正アンダーカバー」を装着させて頂きましたが、頻繁に雪山に行かれるという事で樹脂製では少々不安有りとの事。
そこで、防御力の点から「アルミ製」に換装させて頂く事となりました。
(確かに「6 師匠」に装着した樹脂製カバーはいつの間にか1/4程千切れておりました…。)

材質が「アルミ」という事で、当初は甘く考えておりましたが。
実物を見て驚き桃木山椒の木…。

厚さ5㎜はあろうかというこのアンダーカバー。
拝見する前のイメージとは違い、相当な重量で御座います。
車両後部にくる側はボルト止めにはなっておりますが、車両前部側はフロントバンパーにボルト止め。
これでは少々固定方法に不安が残ります。

そこで…。

不安の残るフロント部分の固定強度をカバーする為、専用のステイを作成致しました。
作ったステイを車両のボディと繋ぎ、これとアンダーカバーを繋いで補強致します。

これで元々のボルト止め部分と合わせて計5ヶ所を固定致します。
フロントバンパーとの固定個所も合わせてガッチリと装着させて頂きました。

車両が発生させる微振動により、ステイが車体を削ってしまわない様に。
ステイと車両部品(画像はクラッチ)の間には隙間を作りました。
これで長期間の使用による、余計な故障を回避致します。

そして完成です。


かなり重厚感のあるアンダーカバーですが、これでしっかりと車両下部を保護してくれるでしょう。
重装歩兵(車だから騎兵?)並の重装甲で御座います♪

それにしてもいやはや、車には色々な社外品があるモノだと勉強させて頂いたご依頼で御座いました。
今回も良い経験をさせて頂きまして感謝感謝で御座います♪

「へぇ~、こんな部品もあるんだねぇ♪」と思った方は↓をクリック! 


人気ブログランキングへ

情報は鮮度が命!?アユミデンキFacebook「株式会社アユミ電機」

普段の何気ない呟きは♪ アユミデンキTwitter→「@AyumiDenki」

「東京町田の自動車電気専門店」
㈱アユミ電機

東京都町田市高ヶ坂514
TEL:042-728-9843
FAX:042-724-3682
Mail:ayumi-d@vega.ocn.ne.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>