ゴルフ7ヴァリアント:DRLキット+ウーハー+TVキャンセルコーディング(東京都 I 様)


情報は鮮度が命!?アユミデンキFacebook「株式会社アユミ電機」
普段の何気ない呟きは♪ アユミデンキTwitter→「@AyumiDenki」

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうも テツヤ です。

さて、本日この時間は作業紹介となります。
今回のご紹介は「VW ゴルフ7 R ヴァリアント」で御座います。

お客様は都内からお越しの I 様です。
ご利用有難う御座います♪
<m(__)m>

話題の新型車両であります「R ヴァリアント」で御座いますが、先週末から各ディーラーの納車が始まっている様でして、弊社でも先週末から「R ヴァリアント」のご入庫が始まっております。

有難い事に、多くのお客様から車両商談時からの作業のご予約を頂いておりまして、本日も開店と同時に「R ヴァリアント」に多数ご入庫を頂きまして有難い限りです♪

先ずは今回のご依頼で御座いますが、R特有の「フォグが無い」故のご相談で御座います。
ゴルフもシロッコも含め、「R」にはフォグが装備されておりません。
VWにラインナップされている車両の中で、「走り」を追究したシリーズなだけに、「その為の邪魔になるならフォグなど無用!」というメーカーの思い切った発想(と、勝手に解釈しておりますが)は、個人的には好感を持っているのですが。
しかしながら、やはり「フォグが欲しいかも…。」と考える方は少なからずいらっしゃるのも事実です。
とは言え、大手各ライトメーカーが「後付け用フォグライト」から撤収している現在は、なかなかに難しい問題でありまして、純正品の流用を行うのが最も外観が綺麗で素晴らしいのですが、コストが結構な高額になってしまう点に加え、「フォグ無し」で純正設計されている車両に、後付けでフォグライトを装着する事のデメリットを考えますと、安易な回答は用意できません。

今回のお客様も、そういった中でご相談を頂きまして。
「フォグライト程の光量はいらないのだけれども、近接する周囲を多少、目印程度に照らすものが欲しい。」
とのご要望に応えるべく、「一般的なフォグライト程の光量を必要とされないのであれば…。」
という事でご用意させて頂いたのが、BELLOF製の「汎用デイライトキット」で御座います。

自己主張させ過ぎない様に150㎜サイズの大きさの製品にて。
「R」のピアノブラックグリルに合わせて、デイライトキットのカラーはブラックを選択させて頂きました。
点灯させていない時は、必要以上に目立たせないギリギリの選択かと思います。

当初は、「ゴルフ6R」や「シロッコR」で使用されている「純正ポジション灯Assy」も考えたのですが、光量の問題で却下。
デザイン的には綺麗に収めるアイデアもあったのですが、「ライト」としての役割も多少持たせる必要がある以上、少々力不足です。
反面こちらであれば、点灯時の明るさには定評があり、ご希望の目的に適してくれるはずです。

「デイライト」としてではなく「ちょっとしたライト」としての役割ですので、ON/OFFコントロール用のスイッチも装備致しました。
「R」のデザインを崩さず、且つ「ライトスイッチ」として機能させる為、純正ライトスイッチの近くに、「ステルススイッチ」として装備させております♪

絶妙なバランスの、ニッチな需要に突き刺さるがごとくのアイデアで御座いますが、これが有効に機能してくれれば、ひとつの解決策として他にも役立ってくれるかもしれません。
追って、ご使用頂いた感想を頂きたいと思います。

合わせまして、「パワードサブウーハー」の取付です。
取付けさせて頂いた製品は、お客様のお持込にてアルパイン製「SWE-1500」で御座います。
ゴルフ7でも、シート下にジャストフィットするサイズにて人気の製品です♪


ですが今回は。お客様とご相談の上、ウーハー本体はラゲッジスペースに固定せずに設置。
コントローラーは助手席側から配線にて、こちらも固定せずに設置。
共に、実際に車両を使用されてから、ある程度使用方法が定まり次第の設置予定となります。
ゴルフ7の純正オーディオでは、総じて「低音が寂しい…。」というご意見が多いので、このチョイスは良いのかもしれません。
しかしながら、「音」は「味」と同じで聞く人の主観により大きく左右されます。
「電装屋」であり「音楽家」ではない我々としては、この「好き嫌い」の激しい感覚的で感情的な分野に対し、個人的な経験のみでの判断を押し売りする事は致しませんが、電気的な部分は専門ですのでしっかりと作業させて頂きますのでご安心下さい♪

最後に、「コーディング」を施工させて頂き完了です。

・DiscoverProTVキャンセル
停車中と同じ機能を、走行中でも使用可能に致します。
同乗者の方にTV視聴の提供が可能になり、また、ドライバーが運転中の為操作できない場合でも、同乗者の方が操作する事でのサポートも可能となります。

コーディングは車両が元々備えている機能を有効にする事により、
その機能が持っている恩恵に預る物です。
各機能は使用されているお客様によりメリットもあればデメリットも御座います。
御依頼に当たっては、先ずその点を考慮して頂きますと良いかと思います。
ご不明な点が御座いましたらお気軽にご相談下さい♪

「R ヴァリアント、売れ行き好調のようですな♪」と思った方は↓をクリック! 


人気ブログランキングへ

情報は鮮度が命!?アユミデンキFacebook「株式会社アユミ電機」

普段の何気ない呟きは♪ アユミデンキTwitter→「@AyumiDenki」

「東京町田の自動車電気専門店」
㈱アユミ電機

東京都町田市高ヶ坂3‐27‐15
TEL:042-728-9843
FAX:042-724-3682
・ホームページはコチラ→「(株)アユミ電機」
・お問合せはコチラ→「お問合せフォーム」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>