トゥーラン: サイバーナビ取付


情報は鮮度が命!?アユミデンキFacebook「株式会社アユミ電機」

普段の何気ない呟きは♪ アユミデンキTwitter→「@AyumiDenki」

本日もブログをご覧頂き有難う御座います。
どうもテツヤです。

さて、今日の23時ネタは作業紹介となります。
本日のご紹介は「VW トゥーラン」で御座います。

神奈川県からお越しのT様です。
ご利用有難う御座います♪
<m(__)m>

ご依頼頂いた作業は【サイバーナビ2013夏・モニター】企画の取付部分で御座います。
カロッツェリアのフラッグシップモデルであるNew サイバーナビのCSモデルが
今回のキャンペーン対象製品の様ですね。
色々と変わったサイバーなので楽しませて頂きました♪


今回取付させて頂いた物は、1DIN+1DINのVHシリーズです。
車両インパネデザインの都合上、ナビ位置が低くなってしまう車両には、
こういった画面の立ち上がってくるナビはお薦めです。
車両スイッチの配置との兼ね合いで、制限されてしまう物もありますが、
これは追加費用を発生させて移設するか、或いは割り切ってしまう他に無いですね。

そして、サイバーは前モデルからモニター収容時の造形にもちょっと凝った作りを♪
このあたり、賛否両論ありますがそれは人それぞれですのでここでは良いかと。
加えて、使用感はこれから怒涛のブログアップがアチラコチラで
行われるでしょうから、ここでは割愛・・・・。

ナビの音声マイクはルームランプ内へ収納。
これはまぁこの方がスマートなので。
定番の装着ですね♪

そしてそして。



今回のサイバーナビ、メーカー側の主力オプションとなるCSユニットですが、
本体は目立たぬ様にグローブBOX内に。
そうすると、本体の音声録音機能がほぼ使えなくなってしまうので、
音声録音用マイクを外部に出して、代わりを務めてもらいます。

そしてカメラは定番の位置、”目”となる場所へ。
メーカーの第一目標はまさにコレ。
情報の収集のためには、アッチコッチ走り回って頂く必要がありますので、
首都高の周回は重要です。
最新のCSユニット装着車両の活躍が、
今後のカロの命運を左右します。
(苦苦・・・・言ってくれれば、夜間の画像データはいくらでも協力できたのに・・・(-_-;))

そして、前に装備していたナビで連動していたMFSWは。

こちらは無事に機能致しました。
一応、メーカーさんにも相談はしておりましたが、
新型ナビなのでメーカー側で適合を確認していないため
最終的には現物確認となってしまいましたが結果オーライ。
音量の上下、ソース切り替え、オーディオOFFの操作が可能です。
取敢えず、VW車は新型サイバーとMFSWの連携は大丈夫そうです♪

あ・・・・念のため、100%とは言い切れませんのでご注意を。

最後に、既設のバックカメラの映像を再接続して完成です。
まぁココについては心配していなかったので想定内。
万事OKであります♪

そんなわけで無事に、お客様に課せられた
【サイバーナビ2013夏・モニター】の取付パートにご協力出来たようです!!
今後もミッションは続く様ですが、頑張って下さい!!!!
ご利用有難う御座います♪

「使用感!! 使用感が知りたいの♪」と思った方は↓をクリック!

人気ブログランキングへ

情報は鮮度が命!?アユミデンキFacebook「株式会社アユミ電機」

普段の何気ない呟きは♪ アユミデンキTwitter→「@AyumiDenki」

「東京町田の自動車電気専門店」
㈱アユミ電機

東京都町田市高ヶ坂514
TEL:042-728-9843
FAX:042-724-3682
Mail:ayumi-d@vega.ocn.ne.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>