冬支度のご提案。(冬期休暇前のご準備を)

情報は鮮度が命!?アユミデンキFacebook「株式会社アユミ電機」
普段の何気ない呟きは♪ アユミデンキTwitter→「@AyumiDenki」

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうも テツヤ です。

さて、本日この時間は冬支度メニューのご提案です。
今回は電装屋らしく「バッテリー交換」のお勧めを。

近年のバッテリーは高性能になりました。
本当にもう、ダメになるギリギリまで、元気に仕事してくれます。
それ故に、昨日まで大丈夫だったのに、今日になって突然、エンジンをかける事さえできなくなる。
つまり「突然死」が発生する訳です。

ではこれを防ぐにはどうすれば良いか?
結論から申し上げますと「定期的な交換」しか御座いません。
よく頂くご相談では、「いつ頃ダメになりますか?」といった内容が多いですが。
これを正確に判断するには、車両に搭載された時から、車両ごとバッテリーの状態を、詳細に、長期に渡って観察する必要があります。
ですので、ご来店頂いたその時では、その瞬間でのピンポイントな判断しか行えず、「いつごろダメになるか?」の回答には、あくまでも「その時での回答」となってしまいます。
これを行うには、診断する側に自動車メーカー並みの設備と。
ユーザー側にも、それに付き合えるだけの環境が必要となります。
(これを簡易的に行うのが、Panasonicなどから出ている「ライフウィンク」などの製品です)
となりますと、我々の様な生活をしているユーザーからしてみれば、これはとても現実的に難しい事になりますので、オイル等と同じ様に、定期的に交換する事が急なトラブルを回避する解決策となる訳です。
(詳細な説明を行いますと、かなり長文となりますので、ざっくりな内容にてすみません…。)

そして交換時の注意点ですが。
バッテリーは車両に合った製品を選ぶのが原則です。
特に、「アイドリングストップ車」や「ハイブリッド車」は、それ専用のバッテリーがありますので、必ずこれを使用して下さい。
「容量が大きいから」や「高性能だから」という判断は間違っておりまして、これらの車両は専用品を使用している事を前提として充電制御を行っておりますから、「アイドリングストップ車」や「ハイブリッド車」に通常のバッテリーを搭載いたしますと、後々トラブルの原因となります。
ですので例えば、弊社ブログで登場する事の多い「Panasonicバッテリー カオス」ですが、これを「アイドリングストップ車」や「ハイブリッド車」に搭載する事は致しません。
(カオスバッテリーも、新たに「アイドリングストップ車用」「ハイブリッド車用」が登場しておりますので、選ばれる際はこちらに)
ですのでバッテリー交換の問合せをする際には、「アイドリングストップ車」なのか、「ハイブリッド車」なのかも、車両情報と共に一緒に伝える事も重要です。

また輸入車のバッテリーの場合ですが。
輸入車のバッテリーは、1車種に対して複数種類の搭載候補が発生する事が多々御座います。
ですので、お電話やメールでお問合せを行う際には、車両情報の他に「搭載されているバッテリーの純正品番」か「搭載されているバッテリーのサイズ(縦×横×奥行)」を一緒に伝えられますと、相談先のお店も判断が楽になりますので、スムーズにお話が進むと思います。
またお店が近ければ、直接来店して見て頂くのも良いかもしれません。

皆様がお休みである冬期休暇中は、同じ様に各お店も休暇中であります。
これから出発!という時や、旅先でのトラブルを避ける為にも、前もって準備される事をお勧め致します。

情報は鮮度が命!?アユミデンキFacebook「株式会社アユミ電機」

普段の何気ない呟きは♪ アユミデンキTwitter→「@AyumiDenki」

「東京町田の自動車電気専門店」
㈱アユミ電機

東京都町田市高ヶ坂3‐27‐15
TEL:042-728-9843
FAX:042-724-3682
・ホームページはコチラ→「(株)アユミ電機」
・お問合せはコチラ→「お問合せフォーム」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>