駐車録画機能付きドライブレコーダー「DRY-AS410WGd」登場!

情報は鮮度が命!?アユミデンキFacebook「株式会社アユミ電機」
普段の何気ない呟きは♪ アユミデンキTwitter→「@AyumiDenki」

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうも テツヤ です。

さてさて、ユピテルより満を持して登場致します「DRY-AS410WGd」。
同社として初の「録画延長機能(駐車中録画)」が搭載された新製品となります♪

DRY-AS410WGd

○弊社販売価格:25,000円(工賃、税別)

スペックを見ますと「67(幅)×54(高さ)×38(奥行き)mm(突起部除く)」と、主流の小型カメラに比べると少し大きく感じますが、まぁまぁ頑張っているサイズだと思います。
製品の詳細な情報は、メーカーサイトにてご確認を頂くと致しまして。
特筆すべき内容は、『同社として初の「録画延長機能(駐車中録画)」が搭載』という部分ですね♪

「エンジンをOFFにしてもワンプッシュで最大約20分間、内臓バッテリーで常時録画を延長します。」

はい、この「内臓バッテリーで」というところが重要です。
正直、この「駐車監視モード」という名の機能を持つドラレコのご相談は、少なく御座いません。
しかし従来の製品については「お勧めできない物」として、お話をさせて頂いておりました。
「アメブロ」の字数制限にひっかかるので詳しいご説明は省きますが、車両バッテリーから電源供給を受ける製品は、早い話が「バッテリー上がり」の原因として十分だったからです。

・電圧が設定値を下回った時点で、自動的に電源OFFする機能付き

であったとしても、失ったものが自動的に回復する訳ではありませんので、そのまま暫く乗らなければアウトです。

・約20~30分間監視し、その後は自動的に電源OFFする機能付き

であったとしても、20~30分の録画時間では、大急ぎで要件を済ませる必要があるでしょう。
となれば、これまでの製品をトラブル無く使用する為には、使用者には少なくとも、以下の制限が発生する事になります。

・新車登録から1年未満、または新品のバッテリーに交換してから1年未満の車両に装着する。
・駐車から30分以内に用事を済ませる。

経験された事のある方であればご存じでしょうが、特に「バッテリー上がり」のトラブルは結構面倒です。
「当て逃げ」などに対応する為に、「バッテリー上がり」のリスクを抱える事になりますが、トレードオフとしては…う~ん、難しいです (-_-;)
(弊社ブログでこの手の製品を取り上げなかったのも、色々と理由がありまして…。需要はあっても…というところですが、商売人としては宜しくない判断かもしれませんね…汗)

そこで登場するのが「DRY-AS410WGd」で御座います。
「駐車中録画」は、製品に装備されている「内蔵バッテリー」が担当致しますので、車両バッテリーが上がってしまう危険性はありません。
この時点で大きな問題点がひとつクリアされた事になります。

次に、駐車中録画の機能している時間ですが。
メーカーサイトの情報では「最大約20分」と記載されております。
『「バッテリー上がり」が回避できるのであれば我慢するかなぁ…。』というところですが、悩みどころです。
しかし、信頼できる情報筋からの噂で、「1時間走行後の使用で、約1時間の録画が可能であった。」との話しがありました。
「約1時間の録画」であれば、ある程度の余裕があります。
(少なくとも、食事は十分に出来ますね♪)
非公式ながら約1時間の録画が可能で、バッテリー上がりのリスクを回避できるのであれば、選択肢に加えるに十分ではないでしょうか?
取敢えずは「安心してお使い頂ける製品」が登場しましたので、やっとご紹介できる次第です。
(「バッテリーの劣化」など、細かいところを言えばキリがないですが、少なくとも大きなアクシデントは発生しないと考えればOKかと。)
残念ながら現時点(4月29日)では「近日発売」となっておりますが、「駐車監視録画機能」が欲しい方は、正式リリースまで待たれるのも良いかもしれませんね♪

字数制限の為、だいぶ省略した内容では御座いますが、気になった方は是非お近くの「指定店モデル取扱店」までお問合せ下さい。
因みにですが6月以降、ユピテル製品は面白い動きがありそうです♪

「へぇ、なかなか良さそうだね♪」と思った方は↓をクリック! 


人気ブログランキングへ
情報は鮮度が命!?アユミデンキFacebook「株式会社アユミ電機」

普段の何気ない呟きは♪ アユミデンキTwitter→「@AyumiDenki」

「東京町田の自動車電気専門店」
㈱アユミ電機

東京都町田市高ヶ坂3‐27‐15
TEL:042-728-9843
FAX:042-724-3682
・ホームページはコチラ→「(株)アユミ電機」
・お問合せはコチラ→「お問合せフォーム」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>