2008:前後ウィンカーのLED化(神奈川県)

情報は鮮度が命!?アユミデンキFacebook「株式会社アユミ電機」
普段の何気ない呟きは♪ アユミデンキTwitter→「@AyumiDenki」

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうも テツヤ です。

さて、本日この時間は作業紹介となります。
今回のご紹介は「プジョー 2008」で御座います。

神奈川県からお越し頂いたお客様にご依頼を頂きました。
毎度ご利用有難う御座います♪
<m(__)m>

今回のご依頼は「前後のウィンカーをLED化する」という内容であります。
という事で、先ずは前後左右の4ヶ所分にキャンセラーを設置し、LED化の為の土台作りから始めます。




考えるのは、「熱」と「整備性」であります。
そんな訳でステイを作成し、整備者なら分かってくれるだろう方法で取付を行います。

「LEDバルブ」の弱点は、その指向性の高さから、使用箇所によっては視認性がすこぶる悪くなってしまう事です。
「方向指示器」であるウィンカーの場合、自己満足では済まないケースが多く、「自己責任」では片づけられない程の影響を周囲に与えてしまう可能性もあります。
残念ながら「万全」ではないLEDのウィンカーの場合、これから出てくるであろう「より良い製品」に期待する意味でも、この土台作りさえ行っておけば、あとは「バルブ交換」だけで済みますので、将来的なコストダウンが可能となります。
(「キャンセラー内蔵型」はどうも・・・あれなんですよね)

そして完成です♪






重要な「相手からの視認性」という意味では、「正面」「真横」「斜め」の、どの角度からでもOKです。
また、日中の時間帯でここまで見えるのですから、当然夜の場合でも問題は無し。
LEDウィンカーの場合は、ライトレンズ内の反射板による協力も不可欠ですので、実際に装備してみるまで分からない部分が残りますが、これは合格点だと思います♪

という前提をクリアした上での「格好良さ」が光ります♪
キレの良いウィンカーの点滅が、現代的雰囲気を車両に纏わせます。
ちょっとした変更点ではありますが、アピール度も満足度も高い換装作業です (#^.^#)

「これは良いね♪」と思った方は↓をクリック! 


人気ブログランキングへ

情報は鮮度が命!?アユミデンキFacebook「株式会社アユミ電機」

普段の何気ない呟きは♪ アユミデンキTwitter→「@AyumiDenki」

「東京町田の自動車電気専門店」
㈱アユミ電機

東京都町田市高ヶ坂3‐27‐15
TEL:042-728-9843
FAX:042-724-3682
・ホームページはコチラ→「(株)アユミ電機」
・お問合せはコチラ→「お問合せフォーム」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>