A6:北米仕様→日本仕様変更。

情報は鮮度が命!?アユミデンキFacebook「株式会社アユミ電機」
普段の何気ない呟きは♪ アユミデンキTwitter→「@AyumiDenki」

本日もブログをご覧頂き有難う御座います。
どうも テツヤ です。

さて、今日の23時ブログは作業紹介となります。
本日のご紹介は「Audi A6」で御座います。

並行輸入のアウディ A6 ですが、北米仕様車両を
日本国内での使用が可能な状態に変更するため、作業をさせて頂きました♪
コーディングでの変更では不可能なため、完全なワンオフでの作成です。

常時通電し、振動にさらされる車両部品。
これに加えて、年単位での使用を考えますと、
それなりの物である必要が御座います。
そこで、配線図を睨みながら設計図を作り、その使用に
耐え得る線材の選定と専用品の作成を行い。
そしてそれらのテストと並行し車両側の加工と、
「電装屋」として考えられる限りの電気工事を施させて頂きました。

コストも大切では御座いますが、それよりも
上にいる必要があると思うのは「安全性」です。
基本的に純正部品の使用ですので、外観上の
変化を見つける事は出来ませんが、この車を所有した
最後のオーナー様が手放す際、 ”何も思う事無く” 降りて
頂けたらなら、結果的にコストパフォーマンスの良い物で
あったと考えて頂けると思います。




最近では「電装業者」の定義が曖昧になり、
想定外の状況が発生する事がありますが、
我々は我々らしく、電装業の王道に則って
作業をさせて頂きたいと考えます。
今回の作業では色々と勉強させて頂きました。
ご依頼頂きまして、有難う御座います。

「♪」と思った方は↓をクリック!  


人気ブログランキングへ

情報は鮮度が命!?アユミデンキFacebook「株式会社アユミ電機」
普段の何気ない呟きは♪ アユミデンキTwitter→「@AyumiDenki」

「東京町田の自動車電気専門店」
㈱アユミ電機

東京都町田市高ヶ坂3‐27‐15
TEL:042-728-9843
FAX:042-724-3682
・ホームページはコチラ→「(株)アユミ電機」
・お問合せはコチラ→「お問合せフォーム」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>