S1:LOCK音(アンサーバック)+レーダー探知機(神奈川県H様)

情報は鮮度が命!?アユミデンキFacebook「株式会社アユミ電機」
普段の何気ない呟きは♪ アユミデンキTwitter→「@AyumiDenki」

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうも テツヤ です。

さて、本日この時間は作業紹介となります。
今回のご紹介は「Audi S1」で御座います。

お客様は神奈川県からお越しのH様です。
ご利用有難う御座います♪
<m(__)m>

ご依頼頂いた作業は、先ず「LOCK音」の取付で御座います。
その名の通り、純正キーのロック/アンロックに連動してアンサーバックサウンドを発してくれる製品です。


今回お選び頂いたのは「Ver2.6」。
モノトーンタイプのアンサーバック製品で、ハリウッドやアメリカンドラマの様なカッコ良い音が特徴です♪

本体はサウンド設定後は触らなくなる可能性が高いので、収納スペースを殺さない為にもサイドパネル内に設置。
推奨サウンドはメーカーサイトにも記載されておりますので、それを参考に設定されると良いかと。
迷い始めるとキリがないので、妥協点を探すのが主な仕事になるかと思います。
発報タイミングは、ハザード点滅のタイミングに合わせるのが良いでしょうか♪

今回のオプション装着は「NSSW(ナイトサイレントスイッチ)」+「NSSW-EXT Mk2(ナイトサイレントスイッチエクステンションMk2)」。
「NSSW」は約3分間、LOCK音が作動しない様にするオプション品、「NSSW-EXT Mk2」は「NSSW」が作動する3分間を超えて車に乗り込む際、「LOCK音」が作動しない様にする製品です。
(「NSSW-EXT Mk2」の機能は、「NSSW」を使用していた事が前提となります。)
「NSSW」のLEDスイッチは、お客様とご相談の上でライトスイッチの近くに設置。
機能中はLEDが光る事と、使いやすさを考えての選択となります♪

単純にアンサーバックが欲しい場合は、「コーディング」か「コアサイレン」がお勧めです。
カッコ良いアンサーバックサウンドと、それに加えて自分好みのアレンジも欲しい方は「LOCK音」がお勧めとなります。
これらに加えて、更にメカニカルに、より安全面も求められる方には「セキュリティ」の装着もお勧めで御座います。
「エンジンスターター」等の便利な製品も御座いますし、「ボイスモジュール」の装着で更なる格好良さを装備する事も出来ます。
勿論、弊社の「7 師匠」と同じく、「LOCK音」との併用が可能でありますので、ロック/アンロック時のサウンドは格好良く「LOCK音+ボイスモジュール」で飾り、いざという時は「セキュリティ」が作動。
暑い日や寒い日は「エンジンスターター」で…という事も出来ます♪

続いては「レーダー探知機」の取付で御座います。
お選び頂いたのは、ユピテルの「Z975Csd」で御座います。


ユピテルのフラッグシップモデルとして君臨するレーダー探知機で御座います。
取付位置はお客様とご相談させて頂きAピラーの根元に設置です。
S1 はブースト圧の表示も可能ですね、これのご要望は多いので良かったです♪

モニターから独立したスピーカーはこの中に。
ミドルクラスである「Z260Csd」との違いはこの部分で御座います。
モニターとスピーカーが一体となっている「Z260Csd」は、スピーカー位置もモニター位置に左右されますが、スピーカーが独立している「Z975Csd」はモニター位置に縛られる事無く、聞きやすい場所にスピーカーを設置する事が出来ます。
車種やグレードによっては、この点が重要になる場合も御座いますので、お選び頂く際のポイントにして頂ければと思います♪

「これは欲しくなるね♪」と思った方は↓をクリック!  


人気ブログランキングへ

情報は鮮度が命!?アユミデンキFacebook「株式会社アユミ電機」
普段の何気ない呟きは♪ アユミデンキTwitter→「@AyumiDenki」

「東京町田の自動車電気専門店」
㈱アユミ電機

東京都町田市高ヶ坂3‐27‐15
TEL:042-728-9843
FAX:042-724-3682
・ホームページはコチラ→「(株)アユミ電機」
・お問合せはコチラ→「お問合せフォーム」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>