GR86(ZN8):ユピテル製レーダー探知機「Z2100」取付(東京都)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうもテツヤです。

本日の作業紹介は、都内からお越しの「トヨタ GR86(ZN8)」で御座います。

個人的に「2代目はないだろうなぁ。」と予想していた86。
しかし実際は、ちゃんと2代目が登場してきた86さん、すみません認識が間違ってました(汗
いや別に、嫌いだから「2代目は無い」と思っていたんじゃなくて。
これまでの経験上で考えると、そうなっても変じゃないという意味ですよ。
先代の86の時は1/3ぐらい本気で考えましたんでね、それぐらい興味はあるわけです。
購入に至らなかった経緯は、自身を取り巻く環境ですかね…。

さて今回のご依頼はレーダー探知機の取付です。
使用した製品はユピテルの「Z2100」、同社の誇る2ピースセパレートタイプで御座います。
この春に登場した新型で、当社でも売れ筋の製品です♪
この製品の特徴は、モニターとアンテナがそれぞれ独立している事。
これによりアンテナ(レーザー受光部)の取付位置に縛られず、モニターを自由な場所に設置できます。
今回の車両もモニター設置位置が定番の場所ではなく、少々変わった位置でしたので。
そうなると、この「Z2100」の特徴が活きてくるわけです♪

これがZ2100の部品構成。
モニター、アンテナ、電源コードの3つで作られています。
ちなみに音声はモニターから出力されます。

今回の取付では、モニターを純正オーディオ(ナビ)位置に設置するので、内装をバカバカ外します。
意外と脱着部品が多い86さんです。

一般的な設置場所であれば、ここだけで良いはず。
電源もここでできますし、アンテナもモニターもダッシュにポン付けでいいなら、ここだけで終わるはず。

今回はアンテナを運転席側フロントガラスに設置するため、Aピラーカバーを外します。
ちょっと特殊、でも慣れ親しんでいる構造なので、特別な難しさはありません。

今回の作業で”キモ”となった部品。
同梱されてるアンテナ用ステイでは、ぶら下がってる感が強いため使用せず。
代わりに昔のETCアンテナ台を使用しました。
こんなものがまだあった当社の秘密箱に驚きです、とっておくもんですねぇ…。
(ちなみに、もう無いです)

ETCアンテナ台を使った取付がこれ。
フロントガラスに密着し、「ぶら下がってる感」を最小限に。
まるで専用品の様な出来上がり。

アンテナは地面と平行に設置されてます。
偶然の一致とはいえ、まるで測ったかのようなピッタリ具合。
これには驚きました(笑

モニター位置はここ。
この後にナビ部分へ別の製品を取付ける予定があるとの事。
なのでカバーは外したままで、配線なども見えてますがお気になさらず。

今回も専用のモニターステイを使っております。
なのでインパネに直付けではなく、ちょっと浮いてます。

これにより、若干ながらモニター角度の調整が可能です。
わずかにドライバー側へ向ける事もできるのがメリットです。