ポロ(AW):純正ハロゲンヘッドライトのLEDバルブ交換(神奈川県)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうもテツヤです。

本日の作業紹介は。神奈川県からお越しの「VW ポロ(AW)」で御座います。

今回のご依頼は、純正ヘッドライトバルブの交換。
ハロゲンバルブからLEDバルブへ交換致します。
多くの方が納車された際に驚くらしいですね「ヘッドライトが黄色すぎる!」と。
カタログなんかはLEDヘッドライトで宣伝されてますし、巷でも純正LEDヘッドライトが増えましたし。
そこを基準で見慣れていると、今更のハロゲン、しかも新車なのに、という部分でがっかりされるそうです。
それならば純正ではないけれど、せめて色ぐらいは…というニーズから、LEDバルブへの変更は多いのであります。

今回も使用するのはBELLOF製品。
一般的な低価格製品と比べて、品質面で優勢、フォロー面で圧倒的。
総じて安心感は高い。という個人的な評価です。

多くの製品が熱処理の問題で故障する、もしくは短命なんですよね。
mk2からは排熱が側面になりまして、その点の改善が行われたようです。

ポロはヘッドライト単体が外せるので助かります。
ゴルフ系統はバンパー脱着が発生するので手間であります。
主力製品こそ、整備工数を減らしてほしい…(汗

純正バルブはH7。
単純に引っこ抜けば外せます。

バルブ交換したら点灯テスト。
ここで不点灯やチラつきがないかを確認します。
左右での色違いなんかもチェックします。

交換後はコーディングでLED設定。
これを行わないと、後から「球切れ警告」が点灯する場合があります。
コーディングで対応できるなら、最初から対応しちゃうのが吉。

完成図。
綺麗な白色光が特徴です。
「白い=明るい」ではありませんのでご注意を。