ポロGTI(6C):フォグランプのLED化(千葉県)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうもテツヤです。

本日の作業紹介は、千葉県からお越しの「VW ポロGTI(6C)」で御座います。

AW型もMCを迎えて久しいですが。
それでも尚、格好良さを維持している6R/6C型。
無駄なくシンプルで近代的なデザインが良いんでしょうね、私も好きで御座います♪

さて今回のご依頼は純正フォグランプのLED化です。
ハロゲンからLEDバルブへ交換する定番カスタム。
定番ではありますが満足度は高く、灯火系のカスタムでは優先度は高いです。

6R型のポロはキャンセラーが必要となりますが。
6C型は幸いな事にMQB世代に入っておりますので、コーディングでの対応が可能です。
つまり部品代を低く抑える事ができるのであります♪
キャンセラーの設置費用も発生しないので、工賃も若干ながら安いかもしれませんね♪

こちらが純正のハロゲンバルブフォグ。
これはこれで味があって宜しいのですが、フォグだけハロゲンってのが問題なのです。
ヘッドライトもポジションもウィンカーも電球なら、ネオクラシック系になって良いんですけどね♪

今回使用するのもBELLOF製。
製品の具合も良いのですが、保証対応も融通きいて使いやすいのがグッドなのです。

バルブ交換は前から。
意外と無茶させますなぁVWさんの交換手順。
確かに効率的ではあるけれど、10年以上経過したらきっとやりたくない(絶対割れる

フォグAssyで外してしまうので、バルブ交換自体はやりやすい。
膝の上で作業台の上で、どの様にも回転できるのであります。
なのでしっかりと固定できて、バルブ落下などの危険性を減らせます。

冷却ファンがある分、ハロゲンより大きなLED。
放熱はほんと重要なポイントで、見てきた中での不具合は、ほとんどが熱による自死ですよ。

バルブに仕込まれたLED素子が最大限の仕事をできる様に注意して取付。
バルブトップが地面と垂直の状態に、LED素子が真横を向くように。

取付たらテスト点灯。
かなりの眩しさで、うっかりすると目をやられます(汗

完成図。
左右ともに綺麗な白色光で格好良いです♪

照射力もかなりのもの?
ハロゲンよりも明るく見えます。