ポロ(AW):ヘッドライトバルブのLED化(千葉県)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうもテツヤです。

本日の作業紹介は、神奈川県からお越しの「VW ポロ(AW)」で御座います。

前回に引き続きのご登場で御座います。
フロントウィンカーをLEDにしたのだから、当然ヘッドライトもLEDに。
と言いますか、こちらの方がメインディッシュでしょうね♪
AW前期型は、まだハロゲンヘッドライト設定がありましたので、このカスタムは定番で御座います。
後期型からは全車LEDヘッドライトにはなったので、もっと早く全車配備にしてくれよ!と感じた方は多いはず。
なんですかね?ようやっと、LEDのコストがハロゲンを下回ったんでしょうかね?
我々の仕事がなくなるのは寂しいですが、やはり純正でデザインされた製品の方が美しいので。
後期型がLED標準装備となったのは、良いことではあります。

交換前の純正ハロゲンバルブを装備したライト。
旧車であればコレも良いんですけどね、現行車としては少々…ね(汗

今回も使用するバルブはBELLOF製。
車両とのアンマッチによる不具合はあれど、コレ自体が原因であった回数は少ない。
それでも不具合はゼロじゃあない、となれば安価な製品はどれほど(ダメ)なのか?と躊躇するんですよね。

使ってるバルブ形状は、ハイもローもH7。
基本的には「引っこ抜く」だけの交換作業です。

ロービームとハイビームをLEDに交換。
今回はウィンカーもLED化しているので、フロントの灯火類はLED化が完了です。
発光に統一感があるので、見た目のバランスが良いですね♪

個人の求める「明るさ」は主観なので数値化が難しいですが。
少なくとも純正のそれよりは実使用の向上は図れているはず。
お客様の感想としても「見やすくなった」というご意見は多いです。