続 ポロ(6C):SDCW純正ナビ+バックカメラ+ETC→社外品交換(東京都)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうもテツヤです。

本日の作業紹介は、都内からお越しの「VW Polo(6C)」で御座います。

今回は前回の続きにて、純正SDCWナビからカロッツェリア製ナビへの交換です。
前回までの作業で配線作業までご紹介しましたので、今回はテストから完成までとなります。
この最終段階の通電テストは緊張の一瞬です。
正確に配線したつもりでも、ここで機能しない場合があります。
その際には、作業を戻しての確認が必要ですが、思わぬ凡ミスで泥沼にハマる場合もある訳でして。
引き渡し時間が迫っている時などは、慌て過ぎて気付くのが遅れる場合も。
なので常日頃から、確実な作業を心がける訳ですが。
それでもゼロにならないのがヒューマンエラーというやつです(汗

ナビ、ETC、バックカメラの各配線が集合したら。
それぞれの機器が機能するかのテストを行います。
なのでヘッドユニット(カーナビ)を作り始めます。

「AVIC-RF720」。
モニターが9インチと大きいので、本体とは別設定。
本体だけだと、ただの箱に見えますね(笑

先ずは本体を取付けて、それからモニターを接続。
パッとテストできないのは面倒ですが、モニターが大きいのは使いやすい。
苦労するのは取付する者の運命であります。

モニターを繋げてキーON。
無事に写ったので、先ずはOKです。

続いて各信号のチェック。
GPSアンテナ、車速、バック信号、イルミ信号などをチェックします。

ETCも仮に繋げてテスト。
ETC本体側のイルミが点灯してるので、こちら側ではOK。

ナビ側でも認識されているのを確認したのでETCはOKです。

バックカメラも仮付けでテスト。
カメラ側では何もリアクションがないので、モニターでチェックです。

無事に映像が確認できたのでOKです。
あとは角度決めすればカメラは完成します。

TVチューナーの起動も確認してOK。

オーディオも無事に機能してるのでOKです。

純正ステアリングスイッチ(MFSW)の起動も確認。
全ての機器が正常に機能してるのを確認できたので、それぞれを完成させて終了となります。

ナビモニターを正確に取付けます。
大きな画面ですね、SDCWナビの7インチとは違います。
画面が大きいので使いやすいでしょうね♪

GPSアンテナが仕事してくれたるので、現在地が当社の位置になりました。
その昔、パイオニアのGPSは車両内部に隠すと、著しく受信感度が落ちたのですが、現在では大丈夫になりました。
1番良かったのはユピテルのアンテナという印象です。

バックカメラも正位置に。
覗き込まないと後付けとは分からないでしょう。
車両中心線上にあるので、映し出される映像のバランスも良いです。

左右均等の映像は、見ていて気持ちが良いし、何よりも使いやすい。
純正位置がここなので、多少価格が上がっても、同じ位置への取付を推奨します。

ETCは純正位置。
ナビ連動機能を持たせる事で、メーカーは違えども純正と同じ使い方になります。

MFSWの設定を最終確認。
当社で設定する場合は、おそらく多く使うだろう、この設定でお渡しします。
その後のカスタムは自由に変更できますので、自分に合わせた設定にもできます。