Category Archives: 124spider

124スパイダー:サイドマーカー(ウィンカー)のLED化(東京都)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうもテツヤです。

本日の作業紹介は、都内からお越しの「アバルト 124スパイダー」で御座います。

先日からご紹介しております124スパイダー。
続いてのご紹介は、サイドマーカー(サイドウィンカー)のLED化です。
ここが、ただの電球であることは、オーナーさんであればご存知の通り。
それじゃあちょっと…って事で、LEDに交換しちゃいます♪

使用する部品はこちら。

サイドマーカーAssyでの交換となります。
中身はT10のバルブが装備されておりますので。
付属のバルブでは物足りない方は、別途用意されるのも宜しいかと。

では早速、純正サイドマーカーの取り外しを。

取り外し自体は、さほど難しい作業ではありません。
基本的には、車両後方に向かってマーカーを押し込みつつ、マーカーを浮かして外す要領です。
これはマーカーの構造を確認頂いた方が分かりやすいかもしれません。

わずかにできる隙間にリムーバーを差し込むので。
どちらかというと「傷防止」に気を遣った方が良いでしょうね。

いや、そんなリスクを負うよりも、純正のバルブを交換すれば良いんじゃね?
と考える方は多いと思いますが、それが難しいのです。
以下は取り外した純正サイドマーカーなのですが。

ご覧頂いた通り、中にあるバルブを取り外せる構造ではありません。
正確にはレンズ部を割って切り離せば可能かもしれませんが。
そんなリスクを負うのであれば、対応品に交換しちゃった方が良いでしょう。

以下は付属している社外品サイドマーカーのLEDバルブ。

バッチリと黄色発光。
光量も充分ですし、問題はなさそうです。
あとはレンズのデザインに対して、どの程度広がってくれるか?でしょうかね。

レンズ部はクリアですし、バルブはシルバーなので。
色に統一感があって、見た目の雰囲気は良いですね。
車体色も白ですし、変に目線を持っていかれる事のない、自然な感じになってます♪

さて点灯時は。

テスト点灯なので工場内、しかも少し暗くしての点灯。
夜間を想定した状況ですが、これであれば問題なく使用できるレベル。
光の広がり方も、まぁ大丈夫でしょう。

さて太陽光の下ではどうか?

使用環境としては、夜間よりも難しいのが昼間。
なのですが、この程度なら大丈夫そうですね♪

124スパイダー:マツダ純正インテリア防眩ミラー取付(東京都)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうもテツヤです。

本日の作業紹介は「アバルト 124スパイダー」で御座います。

先日に引き続きのご紹介となります。
前回は純正デイライトの紹介でありました。
今回はマツダ純正のインテリア防眩ミラーの取付です。

当社ではすっかり”お馴染み”となりました同作業。

Continue reading

124スパイダー:純正デイライト有効化(東京都)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうもテツヤです。

本日の作業紹介は、都内からお越しの「アバルト 124スパイダー」です。

2023年になっても、124スパイダーのご紹介ができるとは幸せです。
新車で入手する事は既にできませんので、状態の良い車両を求めている方は多いようです。
おかげで中古車の価格は高価格帯を維持している様ですが。
それも納得してしまう車両である事は確かなので仕方がないでしょうね、無いとなると欲しくなる心理をぶすりと突いている訳です。
それだけの魅力を持った車なんでしょうね、ひらりひらりと走るだけなら他の選択肢もありますが。
このエキゾーストを含めた魅力は、なかなかに見つからないという事実があります。

さて今回のご依頼は、純正デイライトの有効化で御座います。
当社の作業では定番となっているカスタムです。

Continue reading

124spider:マツダ純正自動防眩インテリアミラー換装(東京都)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうも テツヤ です。

本日の作業紹介は、都内からご来店頂いた「アバルト   124スパイダー 」で御座います。

ここ最近は124スパイダーが続いております。

同車種が続く事は珍しくないですが、レア車が続くと何やら良い事でも起きるんじゃないかとワクワク♪

宝くじでも当たるのか?素敵な出会いでもあるのか?

いや素敵な出会いはまずいですね、それが女性とは限らないので大丈夫ですかそうですか。

しかしどちらにせよ、恐ろしいまでの誘惑があります。

既に新車で手に入らない車だけに、これもまた”出会い次第”となりますが。

そもそも先立つものがないので杞憂であると言えます。

それはそれで、とても寂しいですが(涙

さて今回のご依頼は、マツダ純正の防眩インテリアミラーへ交換作業。

弊社ではお馴染みの定番メニューで御座います♪

ただし今回はお客様の持込部品での作業となります。

いやいや、よくぞご自分で揃えられたものだと感動です。

「部品は何を揃えれば良いですか?」なんてお問合せは少なくないですが。

使用部品の捜索って、これ実は結構な時間を要するケースが多いんです。

それこそ時間給で計算すると、実作業時間を余裕で超える事もしばしば。

趣味でやっている事を友人に伝えるのとは違うので。

そんなご相談を頂いても、回答できない場合が多いです。

この辺りはですね、常識的に考えて頂きつつ、察して欲しいところで御座います(汗

さてさて作業に入りましょう。

まずは作業範囲の確保で内装部品を外していきます。

先客はETCとドラレコ。

ちょっと前まではETCだけでしたけど。

最近はドラレコもデフォになりましたね♪

配線の通り道が一緒なところは、一緒にまとめます。

外すミラーはトルクスネジで止まってるので。

ネジを緩めて上にスライドさせれば外れます。

フロントガラスを割らない様に注意します。

そうしたら、防眩ミラー用の配線を設置。

続いて防眩ミラーを設置。

配線のカバーまで取り付けたら、ここでの作業は終了です。

続いては、配線の処理。

着地点から巡っていって。

出発地点でまとめちゃいます♪

エレクトロタップはETCでしょうかね?

納車後付けの可能性が高いのはドラレコだからドラレコかな?

そちらとは関わらないので、今回はスルー。

ただし3つの製品が、それぞれバラバラだと収まりが悪いので。

配線だけはひとまとめにして処理します。

そして完成。

純正部品ですし、見た目は大きく変わりません。

強いて言えば、ミラーの厚みが増した程度でしょうか?

そして防眩機能が加わったので、後続車両から発せられるライトが眩しくなくなります。

これが大きなポイントです。

この機能自体のON/OFFは、ミラー下部のスイッチで行えます。

恐らくはOFFにする事がないと思われますが。

用途としては、暗い場所でバック以外の方法で移動するケースでしょうかね?

前進しながらも、後方の様子をミラーで確認しつつという状況ですが。

あまりなさそうなので、基本はONにしっぱなしになりますでしょうか♪

「東京町田の自動車電気専門店」
㈱アユミ電機

東京都町田市高ヶ坂3‐27‐15
TEL:042-728-9843
FAX:042-724-3682