Category Archives: New Beetle/The Beetle/Cabriolet

ザ・ビートル カブリオレ:VW純正カーテシーランプ取付(東京都)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうもテツヤです。

本日の作業紹介は、都内からお越しの「VW ザ・ビートル カブリオレ」で御座います。

今でも変わらずの人気となっているザ・ビートルで御座いますが。
それのカブリオレ(屋根をオープンにできるやつ!)がご入庫で御座います。
「可愛さ」にステータスを振った車両だと思いきや。
装備する外装パーツを選ぶと、途端に「格好良さ」に振り切れる魅力も持っております。
比較的、乗る人を選びそうな雰囲気がありますが、実は万能型の可能性も秘めているのは、あまり知られていないでしょうかね?
ただしそれはデザイン上の問題でありまして、2ドアという物理的な問題はクリアする必要があります。
そうは言っても、これもイメージの問題でありまして、後席は乗ってしまえば何とかなります。
いわゆる「2ドアクーペ」のそれよりは、はるかに快適です。
なので最終的なハードルは「乗り降り」の不便さになりますかね?

さて今回のご依頼は、VW純正カーテシランプの取付です。

カーテシランプ取付の流行ったゴルフ等とは、少し違った形状で御座います。
ビートルの場合はドア側面にのみ設置するので。
車両に乗り降りする際の、足元を照らす照明というよりも。
ドアが開いている事を自車後方に知らせる役割の方が大きいのかもしれません。
ゴルフよりもビートルの方が、ドアは大きいですしね。

さて取付作業は。

ドアパネルを外しての作業となります。
ゴルフ6世代のドアパネル構造を知っていれば、概ね対応できる内容です。
ボルト2本と下部クリップ、そしてドアパネルに配置されたクリップ群ですね♪

配線の設置は、ドアの信号線から頂きます。
こちらも知っていれば早いはず。
それでも一応は、テスターを使って確認しつつの作業です。

そして完成。

ゴルフなんかはL字型のランプなので、ドア下部と後方を照らせますが。
ビートルに関しては側面だけなので、足元の照明としては弱いでしょうか?
いや、電球のままであれば拡散するからいけそうですね、LEDにする場合は吟味した方が良さそうですけど。
ただ、今までは何もなかった事に比べれば、これは雲泥の差というやつでして。
比較対象がなければ、全く気にならない程に実用的ではあります。

ザ・ビートル:ヘッドライトバルブ交換(東京都)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうも テツヤ です。

本日の作業紹介は、都内からご来店頂いた「VW ザ・ビートル」で御座います。
ただし、また車両全体像を撮り忘れましたので、車両の画像は無しで御座います…。
撮ったはずなんですがね、撮ったつもりになっていたんですね…すみません(汗

という訳でして、早速の作業に入ります!
今回のご依頼はヘッドライトのバルブ交換。
助手席側のバルブ切れを起こしてのご依頼で御座います。

当初はBELLOF製の純正交換HIDバルブを。との事でありましたが。
こちらが既に生産終了で入手不可(正規ルートでは)だったので。
今回はPROMINAの純正交換HIDバルブを使用します。

ここのメーカーはパッケージがシンプルでカッコ良い。
こういうスッキリしたの、個人的には好みです♪
小さいパッケージというのもポイントでしょうね、交換したバルブを保存するにも場所を取りませんし。

さて。
ザ・ビートルのバルブ交換は比較的簡単です。
最大のポイントは「傷防止の養生を行う」って事でしょうか。

ライトユニットをスライドさせて取外す都合上、傷を入れやすい構造になってます。
バンパーの塗装を削りたくない場合は、養生を行うのが必須となります。
特にライトを乗せる部分は、厚めのテープを使用するのが良いです。

ヘッドライトは、まず「ロック」を外す事から始めます。

8mmのボックスドライバーがあればOKです。
書かれている図に従って、ロックを外せばライトも外せます。

以下はロックを外した状態です。

これで、ヘッドライトを車両前方に向かってスライドさせます。
以下のような感じですね♪

その後、コネクターを外せば。
ライトはフリーになりますので、取り外し可能です。

以下はライトのコネクター。
爪の部分を押し込めばロックが外れます。

ゴルフ7などは爪の形状が違うので。
経年劣化で”押しただけで割れる”のを注意するんですが。
ビートルの形状であれば大丈夫ですね。

車両側のフックはこんな感じ。

車種によっては調整に苦労するんですが。
ビートルは、そうでもないです。
総じて、取り敢えずはライト交換に関して苦労はしないでしょうね♪

ライトのバルブは、ライトユニットの裏側に蓋があるので。

これは外せば、バルブに届きます。
バルブ自体の固定はクリップで行われています。

クリップを摘んで、内側に押し込みつつ引けばOK。
これでバルブの固定が外れますので。
あとは引き出すだけ。

左が新しいバルブ、右が古いバルブ。
バルブ形状は同じなので、大まかには同形状。
少しだけ違う部分があるのは面白い。

バルブを交換したら、クリップでの固定を忘れずに。
つまみながら押し込んで、広がったら固定は完了。
ちゃんと溝に入っていればOKです。

点灯テストも忘れずに。
ここで点灯しない様であれば、コネクタの差し忘れ等の凡ミスがあるか。
バルブ切れ以外の故障が発生している可能性があります。

全てOKであれば完了です。
という事で完成図。


6000kですが、そこまで青さが気になるレベルではないですね。
製品位よっては異様に青かったりしますので注意。
青が強いと夜間走行時に後悔します。
雨なんか降ってた日には最悪です(汗
やはりある程度の黄色さは必要。というのが個人的見解。
特に、高速道路走行が多い方は、製品選びが重要です♪





「東京町田の自動車電気専門店」
㈱アユミ電機

東京都町田市高ヶ坂3‐27‐15
TEL:042-728-9843
FAX:042-724-3682
Mail:ayumi-d@vega.ocn.ne.jp