Category Archives: Golf

ゴルフ7.5GTI:バッテリー交換「MOLL 82070」(東京都)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうもテツヤです。

本日の作業紹介は、都内からお越しの「VW Golf7.5GTI」で御座います。

今回のご依頼はバッテリー交換で御座います。
早いもので、mk7.5もバッテリー交換のサイクルに入るようです。
初期型が登場してから、それなりに時間が経っているという事でしょうけれど。
なんと時間の経過が早いものか「光陰矢のごとし」を、年々身に沁みておりますです。
そんな話をしておりますと、気付けば今年も残り少なくなっております。
1日の使い方を、上手にしなければなりませんね(汗

さて使用するバッテリーは。

Continue reading

ゴルフ8R:ユピテル製ドライブレコーダー「Z300」取付(東京都)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうもテツヤです。

本日の作業紹介は、都内からお越しの「VW Golf8R(CD)」で御座います。

ようやくながら、細々とながら、どうにか納車が始まっているようですねゴルフ8R。
そうは言っても、これを書いている現在(10月末)において。
順調に(?)納車されているのは、発表前に発注していた方だけでしょうか?
「実車を見てから〜」とか「レビューが揃ってから〜」と考えていた人は、既に1年待ちぐらいの納期になっている様です。
いやゴルフ8になってからというもの「それはアウディですか!?」なんて価格帯になっておりますので。
迷わずに発注できる方は羨ましい限りなのでありますが。
しかし、それだけの魅力が”R”にはあるんでしょうね、GTIを超える魅力がそこに。

さて今回のご依頼はドライブレコーダーの取付です。
お選び頂いた製品は、ユピテルの「Z-300」で御座います。

Continue reading

ゴルフ7GTI(5G):ヘッドライトバルブ交換(東京都)

本日も当ブログをご覧頂き有難う御座います。
どうもテツヤです。

本日の作業紹介は、都内からお越しの「VW Golf7GTI(5G)」です。

懐かしの5G型ゴルフ7。
かつての愛機「7師匠」を思い出します、向こうは黒ではなくて白でした。
思い返せばゴルフ7が出た頃も、少なからず車両配備というか装備は混乱していた記憶。
GTIにはある装備がRには無かったり、HLにはあるのにGTIには無かったり。
仕事柄、私の記憶しているのは主に電装部品なのですが、あれの理由はなんだったのか?
今では思い出せませんが、当時も半導体だったっけかな?あるいは仕様地毎のパワーバランスだったか?
どちらにせよ、新型には混乱は付き物なんですな、その大小はあったとしても。

さて今回のご依頼は、ヘッドライトのバルブ交換。
早朝にお電話を頂きまして。
「車検で光量不足を指摘されたのでバルブ交換をして欲しい。」
とのご相談。

Continue reading

ゴルフ6R:ドアミラーコンフォートフォールディング(千葉県)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうも テツヤ です。

本日の作業紹介は、千葉県からご来店頂いた「VW Golf6R」で御座います。

私の中で「名機」と名高いのがゴルフ6。
かつての愛機「6師匠」とは、大阪へも含めて日本各地を一緒に走った仲。
だからこそ分かるシートとの相性の良さは、その後の「7師匠」「AW師匠」そして「Roc師匠」にも優っておりました。
東京〜大阪を往復しても腰が痛くならないのは素晴らしい!
どんなにスペックのある車も、どんなに多機能で便利な車も、長時間の乗車に向かなければ乗り続けるのは難しい。
そういう意味での「6師匠」は最高でしたね♪
座席のホールド性でしょうけれど、これは個々で違うので万人向けの情報ではありませんが。
故に車を購入する際には、2時間ほどの試乗は必須でしょうなぁ可能であれば(熱望

さて今回のご依頼はコーディング。

・ドアミラーコンフォートフォールディング

リモコンキーのロックボタン長押しでミラーが閉じ、IG オンでミラーが開く機能です。
駐車場の環境に合わせて、ミラーの操作を行う煩わしさから解放され、
ドアロックされている事の確認にも使える便利な機能です♪

「東京町田の自動車電気専門店」
㈱アユミ電機
東京都町田市高ヶ坂3‐27‐15
TEL:042-728-9843
FAX:042-724-3682
Mail:ayumi-d@vega.ocn.ne.jp

ゴルフ6カブリオレ:サイドミラー自動開閉+イージーウィンカー回数変更(神奈川県

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうも テツヤ です。

本日の作業紹介は、神奈川県からご来店頂いた「VW ゴルフ6カブリオレ」で御座います。

先日に引き続きのご登場となりますカブリオレ。
やっぱりですね、今の季節では注目度高いですよ!
暑さを過ぎて、そして冬の寒さの前に乗るオープンカー。
この時期は気持ち良いでしょうねぇ、青空とか夜景とか。
何よりも空を広く感じながらのドライブは良いだろうなぁ♪
「いつかは!」と思いつつも、現実がそれを許さない身としては。
非常に羨ましい限りです!

さて今回のご依頼はコーディングです。

・イージーウィンカー回数変更

通常は「3回」であるイージーウィンカーの点滅回数を、1回~5回の間で変更致します。
お客様の使用環境に合わせて変更できますので、地味ながら意外と便利なメニューです。
今回は3回から4回に変更させて頂きました。
変更回数で多いのは、4回、または2回が多いです。

・オートライト感度調整

ヘッドライトをオートで使用する際の点灯時期を調整致します。
ライトの点灯するタイミングを遅くしたり早くしたりする事で、デフォルト状態で感じていたドライバーと車両とのズレを減少させ、ドライブ中に感じる違和感を減少させます。

・ドアミラーコンフォートフォールディング

リモコンキーのロックボタン長押しでミラーが閉じ、IG オンでミラーが開く機能です。
駐車場の環境に合わせて、ミラーの操作を行う煩わしさから解放され、
ドアロックされている事の確認にも使える便利な機能です♪

「東京町田の自動車電気専門店」
㈱アユミ電機

東京都町田市高ヶ坂3‐27‐15
TEL:042-728-9843
FAX:042-724-3682

ゴルフ6カブリオレ:純正ステアリングスイッチ有効化(神奈川県)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうも テツヤ です。

本日の作業紹介は、神奈川県からご来店頂いた「VW ゴルフ6カブリオレ」で御座います。

同じ車が続くという面白さ♪
先日もカブリオレにご入庫頂きましたが。
レア車が続くと、何か良い事が起こりそうで嬉しいですね♪
宝くじ、買っておこうか悩みますなぁ(笑

さて今回のご依頼は。
標準装備の純正ステアリングスイッチ(MFSW)の有効化です。
カブリオレはMFSWが標準装備、これを後付けするご依頼も多かった事を考えますと。
いやはやカブリオレは、豪華装備が満載ですね♪

さて話を戻します。
「標準装備」とは申しましても。
それが機能するのは、あくまでも純正オーディオや純正ナビに限ってのお話。
これが社外品のナビになりますと、純正MFSWは飾りになってしまいます。
なので社外品のナビに交換する場合には、対応するキットを使用するのですが。
今回のお車に関しては、その作業を行わなかった様です。

ですのでナビ側でステアリングスイッチの設定を行なっても反応は無し。
これでは折角の純正MFSWが勿体無いですので。
これが機能する様に対応します。

使用する部品はこれ。

CAN-BUSとステアリングハーネスのセット。
我々としては馴染みの組み合わせであります。
ちょっと残念なのは、と言いますか寂しいのは、昔からお世話になっていたpbが店じまいしてしまった点。
電話対応やフォローも手厚かったし、非常に重宝していたのですけどね…。
今はどのメーカーもナビは標準装備だし、社外品への交換自体も難易度高いし、新車保証も絡むしで。
結局は出番が減っていった、これらの部品たち。
そんな訳では、店じまいも仕方なしでしょうね、とても寂しいですが(涙

さて作業ですが。
今回はナビ裏に用があるので。

主戦場は主にここです。
作業範囲は狭いので座ったままでの作業は可能。
D席とP席を行ったり来たりの作業は必要ですけれど。

まずは取付けてあるカーナビを外します。

とても綺麗な配線処理!
これは有難いですね、何処に何があるか?すぐに分かります♪
車両配線とナビ配線は確認しましたが、 CAN-BUSの装備は無し。

とりあえず、用意した CAN-BUSなどを繋いで。

機能する事を確認します。
ここではテストする事が目的なので、電気的に繋がっていればOK。

MFSWのコントロールだけでなく、その他の信号も確認します。
全てOKな事を確認したら、CAN-BUSユニットとステアリングハーネスをまとめましょう♪

CAN-BUSユニットには、異音防止のためにスポンジを巻きます。
走行中の振動などで、コトコトしてはいけませんので。

最後に配線を全て整理して。

ナビを納めれば取付自体は終了。
あとは一応の設定として。

純正MFSWの各スイッチを、ナビ側の機能と結びつけます。
この設定は、後からでも変更可能ですので。
お客様の使いやすい様に設定して頂く事もできますのでご安心を♪

やっぱりですね、ナビに手を伸ばさなくてもオーディオコントロールできるのは楽チンです♪
元々がない装備であれば気にならないのですが。
1度でも使った事があると、次からは外せない装備となります。
電装部品てそんなのが多いですが。
目立たないなりにも、便利道具として活躍しておりますので、是非ともお見知り置きを♪

「東京町田の自動車電気専門店」
㈱アユミ電機

東京都町田市高ヶ坂3‐27‐15
TEL:042-728-9843
FAX:042-724-3682

ゴルフ6カブリオレ:HELLA製DRL付ヘッドライトへ交換(群馬県)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうも テツヤ です。

本日の作業紹介は、群馬県からご来店頂いた「VW ゴルフ6カブリオレ」で御座います。

これまたレア車なカブリオレ。
現時点のラインナップにオープンカーは無いので。
国内で走っているVWのオープンカーでは最新式という事になります。

そうは言ってもベース車両はゴルフ6ですから、それなりの年季が入った車という事になるのですが。
でも当社へ入庫されるカブリオレは、どれも綺麗な車両が多くてですね。
これが本当に2世代前か?と思える程です。
やっぱりオープンカーともなると「見られる車」なので、綺麗にされている方が多いのだと思います。
うちの「Roc師匠」も負けていられない!って気持ちになりますね、コチラは”見られる車”では無いですが。

さて今回のご依頼は「ヘッドライトの欧州化」です。
というメニュー表記で、ゴルフ6が現役だった頃、そして新車販売が終わっても暫くは、バンバン行っていた作業ですね、懐かしい♪
ゴルフ7からはデイライト機能自体は、ヘッドライトに装備されていたので。
ライトAssyでの交換は減りましたが、ゴルフ6の頃は本当に数多くのご依頼を頂いた記憶です。

冒頭の画像では既に交換が終了しているのですが。

日本仕様には最後までDRLヘッドライトは導入されず。
最終型にも上記のDRL無しライトが装備されておりました。
しかし欧州では標準装備化されたDRLライトだったので。
それを知っている国内のオーナー様方は、なんとかこれを装備したいと頑張ったのであります♪
あの頃は、今とはまた違う、熱っぽさがありましたね♪

さて作業はバンパー脱着から、そしてヘッドライトを外す作業が必須。

今回は2012年モデルですがカブリオレなので。
車内からライトまでの配線を追加します。


部品点数が多いので、そこそこの作業工数にはなりますが。
ここは慣れたものですので大丈夫。
問題はやっぱり経年劣化でしょうね、今回のお車でも10年経過ですし。
もう少しすると、触っただけで割れる部品を装備した車両も登場するのでしょうね(汗
これは部品自体の問題なので、我々にはどうする事もできないのが悔しい…。

さて完成です。





デイライトを装備して、グッと現代的になったカブリオレ。
最近では、どの車も標準装備となっているので、これは大きな変化ですね♪
デイライトのON/OFFをメーター内のメニューでコントロールできるのもポイント。
何よりも”純正機能”ってのは大きいです。
後付けの社外品では、こうはいきませんので♪

「東京町田の自動車電気専門店」
㈱アユミ電機

東京都町田市高ヶ坂3‐27‐15
TEL:042-728-9843
FAX:042-724-3682

ゴルフ7.5R(AU):サウンドアクチュエーターOFF+イージーウィンカー回数変更(神奈川県)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうも テツヤ です。
 本日の作業紹介は、神奈川県からご来店頂いた「VW ゴルフ7.5(AU)」で御座います。

安定のゴルフ7.5R。
ゴルフ8のRが登場しておりませんので、国内で走っているゴルフRでは最新のモデルとして健在で御座います。
やっぱりですね、その存在感たるや相当なもので御座いまして。
VWに、と言いますかゴルフに関係していない方から見れば、全て同じゴルフに見えちゃうというのがポイントで。
そう、まさに羊の皮を被ったなんとやら、なので御座います。
うっかり煽ろうものなら、簡単にぶち抜かれてしまいますんで。
Rを知っている者からすると「適度な距離で眺めて羨むもの」という認識です(汗
たまに道路上でエンカウントすると、テンション上がっちゃいますもんね♪
さて今回のご依頼はコーディング。

・サウンドアクチュエーターOFF

アウンドアクチュエーターが作り出す擬似的なエンジン音の音量を調整します。
0〜100%で調整が可能です。(初期設定は100%)
因みに、0%で設定すると車両本来の持つ静粛性に感動します。
最近はマフラーを社外品に交換された方のご依頼が多いでしょうかね?
交換したマフラーの”素の音”を楽しみたい。という事みたいです♪

・イージーウィンカー回数変更

通常は「3回」であるイージーウィンカーの点滅回数を、1回~5回の間で変更致します。
お客様の使用環境に合わせて変更できますので、地味ながら意外と便利なメニューです。
今回は3回から4回に変更させて頂きました。
変更回数で多いのは、4回、または2回が多いです。

 
「東京町田の自動車電気専門店」 
㈱アユミ電機
 
東京都町田市高ヶ坂3‐27‐15
TEL:042-728-9843
FAX:042-724-3682

ゴルフ8GTI(CD):サウンドアクチュエーターOFF(神奈川県)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうも テツヤ です。

本日の作業紹介は、神奈川県からご来店頂いた「VW ゴルフ8GTI(CD)」で御座います。

ようやく撮りなれた感のあるゴルフ8で御座います。

それでもなかなか格好良く撮る角度は難しく、生で見る現車の良さは引き出せておりませんね(汗

サラッと撮る分には、どの車も困らないのですが。

やっぱりですね、ビシッとどハマりする部分が欲しい訳ですよ。

そこは主観なので、「これが正解!」ってのは難しいのですが。

「ここ撮っとけばいける!」って安堵感は必要なんです。

絶対的な抑えのエースがいるのといないのとじゃ、野球も違いますでしょう?

なんて事を書いている私はカメラマンではないですけどね(汗

さて今回のご依頼はコーディングです。

・サウンドアクチュエーターOFF

アウンドアクチュエーターが作り出す擬似的なエンジン音の音量を調整します。

0〜100%で調整が可能です。(初期設定は100%)

因みに、0%で設定すると車両本来の持つ静粛性に感動します。

そうまるで全然違う車の様です♪

さてもうひとつ。

これはゴルフ8に限った話じゃありませんし、オートワイパーに限った話でもありませんが。

ゴルフ7以降の車両は、ディスカバープロからの設定で「オートワイパー」から「間欠ワイパー」に変更できます。

で、この手の設定方法は納車時に説明される事がないので、知らないオーナーさんは多いです。

そんな訳で動画にて、設定方法の説明を作ってみましたので、宜しかったらどうぞ♪

コーディングでの設定変更が必要であったゴルフ6などは、そのON/OFFを行うたびにコーディングが必須でしたが。

ゴルフ7以降はディスカバープロで都度変更できるので便利です。

わざわざお金を払って変更する必要がないのも嬉しいですね♪

「東京町田の自動車電気専門店」
㈱アユミ電機

東京都町田市高ヶ坂3‐27‐15
TEL:042-728-9843
FAX:042-724-3682

ゴルフ7GTI(5G):ポジション灯デイライト化(神奈川県)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうも テツヤ です。

本日の作業紹介は、神奈川県からご来店頂いた「VW ゴルフ7GTI(5G)」で御座います。

懐かしの「7師匠」と、同年式で同色のGTI。

コーディングでできる事がガバッと増えて、色々な設定を弄った記憶。

輸入車としては初めてのCOTY受賞車という事で、売れに売れた車でもありますね。

良かった事もあれば悪かった事もあり、少々複雑な部分もありますが…。

(ネット上で同業他社に絡まれて、相手を裁判で訴えるまでに発展するとは思ってもいませんでした…汗)

総じて楽しかった。そんな思い出の車種です♪

さて今回のご依頼はコーディング。

・ポジション灯DRL化

デイライトは、自車の存在を前方に知らせる事で事故発生率を低下させる機能。
その為の配置とLEDの輝き、そして純正故の統一感。
純正ならではの造形美と機能美は、アフター品では決して装備できない優位性をもたらします。
メニュー画面でON/OFF設定が出来るのも純正装備である証拠、専用スイッチを追加する必要が無いので、車内造形に手を加える必要もありません。

「東京町田の自動車電気専門店」
㈱アユミ電機

東京都町田市高ヶ坂3‐27‐15
TEL:042-728-9843
FAX:042-724-3682