Tag Archives: カスタム

ゴルフ5ヴァリアント:ドアのキーロック不良修理(東京都)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうもテツヤです。

本日の作業紹介は、都内からお越しの「VW ゴルフ5ヴァリアント」で御座います。
そして本来であれば、ここで車両全体図となるのですが、今回は撮り忘れで画像なしです(汗

ご相談頂いた内容は「助手席ドアと運転席後ろの後席ドアキーがロックできない。」というもの。
まずはお預かりしての症状確認。
リモコンキーでもドアロックスイッチでも反応は無し。
ハーネスの断線を疑うものの、チョックすると綺麗なもんで。
ここは既に交換済みかな?な状態。
となればロックモジュールかな?ドアECUかな?の判断。
それぞれをチェックした結果、モジュール不具合の可能性が非常に高い。
更に進めて断定、なので交換修理で対応しました。

まずは助手席側。

ドアロックモジュールは、その名の通りキーロックを担当する部品。
位置としては以下のあたり。

ただし前席のモジュール交換は、外から行います。

ボディ外装の取り外しは、前後と下部のボルトを外します。

更に、キーシリンダーとドアノブを外します。

ドアノブは車両後方へスライドさせるイメージ。
ドアを開ける時のイメージでは外れないので注意です。
あくまでも後方へスライドさせながらで御座います。

これらが終われば、外板を外します。

誰かが外板を持って保持しながら。
他の誰かが固定用に残しておいた3本ほどのボルトを外す。
という手順が良いでしょうね、事前に着地点の準備も忘れずに。

そうしたら、ドアノブの受け部分を外して。

更に、白い樹脂カバーも外せば。

モジュールが登場します。

モジュールの固定は。

外から締め込んである2本のボルトを外して。

引っ掛けてあるフックを抜ければ。
あとは自由になるので取り外せます。

左が新品、右が故障品。
だったかな?

ワイヤーは再使用。
なので付け忘れに注意。

コネクターの付け忘れにも注意です。
とにかく、取り付けられていた物の付け忘れには注意します。
特に、元通りにしないと機能しない部品などは注意です。
じゃあないと、また同じ作業を最初からやり直すリスクがありますんで…。
たぶん電装屋さんなら、誰にでも経験のある”あるある失敗談”だと思います(汗

ドアパネル(外板)も戻せば完成です。
ちなみに前後と下部、それぞれ使ってるボルトは異なるので注意です。
油断してポイポイとネジ受けに放り込んでしまうと、何れが何処だか忘れてしまいます(汗
ということで助手席側の作業は完了。
ドアロックスイッチでもキーレスでも、どちらでの正常に機能しております♪

ゴルフ7.5(AU):Garage bary コンビネーションルーフスポイラー取付(神奈川県)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうもテツヤです。

本日の作業紹介は、神奈川県からお越しの「VW Golf7.5(AU)」で御座います。

昨日に引き続きのご登場で御座います。
前回はフロントリップスポイラーの装着でありましたので。
今回はルーフスポイラーに着手であります。
”今回は”と申しましても、作業自体は同日に行なっております。
お客様のイメージは「前後装着」でありましたので、日程がズレなくて良かったです♪

フロントリップスポイラーは無塗装で素材ままでの取付で御座いましたが。
ルーフスポイラーとサイドスポイラーは塗装しております。
ルーフ側はボディ同色、サイドはグロスブラック。
GTIやRと同じ仕様にて、純正風仕上げとなります♪

ガレージベリーのコンビネーションルーフスポイラーは両面テープでの固定。
ですので車体側の脱脂は必須です。
ちなみにサイドスポイラーと被りますので。

お客様のご希望でシールは剥がしております。
うん。
シールっていつも、とっても良いとこにいるんですよねぇ。
今回のご依頼とは関係ないですが、車検証ステッカーなんかは特に(汗

リアスポイラーは、それ単体で見ると大きく見えるんですが。
車両に取り付けると、さほどでもないのがガレージベリー製の特徴です。
車自体のデザインを大きく崩す事なく、しかし印象はしっかりと変わってくれるので良いですねぇ♪
前回のフロントリップスポイラーとも合わせると、装着前とは見た目の変更度は大きいと思います。
特にお客様的には、見違える様な変化ではないでしょうか?
これでまたより一層、愛着の増した車となったに違いありませんね♪

ゴルフ7.5(AU):Maxton Designフロントリップスポイラー取付(神奈川県)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうもテツヤです。

本日の作業紹介は。神奈川県からお越しの「VW Golf7.5(AU)」で御座います。

はい。
車両撮影はいつも、作業後なので。
もう既に装備されちゃってますが、今回のご依頼はエアロパーツの取付です。
取付ける部品はMaxton Designのフロントリップスポイラーで御座います。

Continue reading

フォーツー(453):2ピースセパレート型レーダー探知機「Z2000」取付(神奈川県)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうもテツヤです。

本日の作業紹介は、神奈川県からお越しの「スマート フォーツー(453)」で御座います。

前回のご紹介ではドラレコの取付を。
今回のご紹介はレーダー探知機の取付となります。
同時にご依頼を頂いた作業なのですが、「遠い方から先に」というルールに従うと。
先に作業を進めるのはリアカメラのあるドラレコから、となりますので。
ご紹介の順番では、レーダーが後からになります。

レーザー受光部を装備したアンテナが特徴の本機。
このアンテナがモニター部分と別れているおかげで、モニター取付位置の自由度が生まれます。
一体型の場合は、モニター裏にレーザー受光部があるので、基本的にはダッシュボード上への設置が必須。
セパレート型の場合は、モニター位置は何処でも良いので、使いやすい場所に設置できます♪

アンテナは助手席側のフロントガラスに。

Continue reading

フォーツー(453):前後2カメラドライブレコーダー「SN-TW100di」取付(神奈川県)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうもテツヤです。

本日の作業紹介は、神奈川県からお越しの「スマート フォーツー(453)」で御座います。

前回はフォーフォー、今回はフォーツーでのご入庫。
フォーフォーは4ドア、フォーツーの2ドアで、外観状のざっくりとした違いはこの程度。
両方ともにリアエンジンですし、ショートホイールベースと相まって。
ドライブは相当に楽しいみたいですね♪
そして、こう見えて結構な頑丈さも持ち合わせているとか?
あまり考えたくはありませんが、Eクラスとの正面衝突もへっちゃらとか。
強度や剛性も高いとなると、相当にキビキビとクイックに走りそうな印象です♪

さて今回のご依頼はドライブレコーダーの取付。

「駐車中監視機能」も装備したい♪
という事で、サブバッテリーをセットにした構成です。
「電圧監視電源コード」もありますが。
バッテリー上がりを封じるのであれば、この組み合わせがベストになります。

Continue reading

キャプチャーmkⅡ:LOCK音 ボリュームコントローラー取付(神奈川県)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうもテツヤです。

本日のご紹介は、神奈川県からお越しの「ルノー キャプチャー2」で御座います。

当社ブログにおいて、最近の登場回数がとても増えておりますキャプチャー2さん。
色々とお手伝いさせて頂いておりますが。
それでも、入庫されるたびに少しずつ何処かが変わっている?
プチカスタムも含めて、着々と進んでいらっしゃる様です♪

さて今回のご依頼は、LOCK音 LVC(ボリュームコントローラー)の取付。

以前に取付をさせて頂いた「LOCK音 其ノ壱」ですが。

Continue reading

A5(8T):ポジション灯DRL化+MMIロックキャンセル(神奈川県)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうもテツヤです。

本日の作業紹介は、神奈川県からお越しの「Audi A5(8T)」で御座います。

お久しぶりのご入庫で御座います!
今回はディーラー様での整備後、その復帰作業であります。
つまりは”初期化”されてしまった項目の再コーディング、よくあるケースでのご入庫となります♪
お客様にはお話をさせて頂くのですが。
継続してディーラー様で整備を行う予定であるならば、入庫するにあたっての条件を守る必要があります。
特にディーラー様で提供している保証の継続を希望する場合は必須です。
あるいは何も行わずに、完全ノーマルのままで使用するしかありません。
ゴリゴリにカスタムしつつ、保証も継続する事は基本的に無理なので諦めましょう。

さて今回のご依頼はコーディングです。

・ポジション灯DRL化

デイライトは、自車の存在を前方に知らせる事で事故発生率を低下させる機能。
その為の配置とLEDの輝き、そして純正故の統一感。
純正ならではの造形美と機能美は、アフター品では決して装備できない優位性をもたらします。
メニュー画面でON/OFF設定が出来るのも純正装備である証拠、専用スイッチを追加する必要が無いので、車内造形に手を加える必要もありません。

・MMIロックキャンセル

基本的には、停車中と同じ機能を走行中でも使用可能に致します。
同乗者の方にTV視聴の提供が可能になり、また、ドライバーが運転中の為操作できない場合でも、同乗者の方が操作する事でのサポートも可能となります。

ゴルフ7.5GTI:バッテリー交換「MOLL 82070」(東京都)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうもテツヤです。

本日の作業紹介は、都内からお越しの「VW Golf7.5GTI」で御座います。

今回のご依頼はバッテリー交換で御座います。
早いもので、mk7.5もバッテリー交換のサイクルに入るようです。
初期型が登場してから、それなりに時間が経っているという事でしょうけれど。
なんと時間の経過が早いものか「光陰矢のごとし」を、年々身に沁みておりますです。
そんな話をしておりますと、気付けば今年も残り少なくなっております。
1日の使い方を、上手にしなければなりませんね(汗

さて使用するバッテリーは。

Continue reading

ポロ(AW):室内灯のLED化「Promina ポロ用キット」(千葉県)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうもテツヤです。

本日の作業紹介は、千葉県からお越しの「VW ポロ(AW)」で御座います。

白いAWのポロさんで御座います。
前回の作業では、ヘッドライトを純正ハロゲンからLEDに変更させて頂きました♪
今回のご依頼は、室内灯のLED化となります。
こちらも純正の電球からLEDへの変更ですね。
使用する製品は、ProminaのLEDキット。

シンプルでちょっとおしゃれなパッケージ。
黒を基調としたデザインがクールで御座います。
中身は各箇所毎に分けられたLEDがパッケージングされています。

Continue reading

ゴルフ7ヴァリアント:灯火類ガチャガチャ点灯修理(東京都)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうもテツヤです。

本日のご紹介は、都内からお越しの「VW ゴルフ7ヴァリアント」で御座います。

汎用性の高さにおいて、とても優秀という個人的な感想のヴァリアントさん。
人が乗れて荷物も積めて、それなりにしっかりと走ってくれて、そこそこ頑強という優秀さ。
ハッチバックよりは長いけれど、幅が一緒という点でゴルフ並みに乗り回しの良さもありますし。
輸入車とは言っても驚きの価格帯にはなりませんので、所有するのもキツくはないですし。
一般的な使用面での平均点の高さが魅力でしょうか?対抗馬はボルボになってくるんでしょうかね。

さて今回のご依頼は、灯火類のガチャガチャ点灯修理です。
「ガチャガチャって何?」と思われるかと存じますが、状況をご確認頂ければと。

上記は、すべての灯火類を点灯させた状態ですが。
ヘッドライトが片側点灯していない等、本来であれば点灯している筈のものが光ってません。
例えば、どこか1箇所が。とか、どれかから順番に。であれば、それぞれのバルブを疑うのですが。
これが同時発生となると、嫌な予感しかしない訳です。
そう、たぶん犯人はBCMでしょうね…(汗

お客様の思い当たる発生条件は、テールランプのバルブをLEDから電球に戻した辺りからだとか。
これが逆であれば可能性は高いですが、社外LEDから純正電球となると、関係性は低そう。
それよりも可能性が高そうなのは。

やっぱりヘッドライトでしょうか。
TSIヴァリアントには内側のU字部分が点灯するライト設定が無いし、アイラインが黄色の純正ライトは無いですし。
確認しますと、ライトをカラ割りしての塗装と。
内側を点灯する様にカスタムし、外側のU字部と同時点灯させてのデイライト化のカスタム仕様。
となれば、まず疑いたくなるのはヘッドライトでしょうかね。

「車検対応」という事で、コネクタを取り付けて。
これを外せばU字部分は消灯する様になっているのですが。

コネクタを外すと、U字部分は内側も外側も消灯しちゃいます。
純正仕様で点灯する外側U字も消灯しちゃうとなると、ライト配線を弄ってると思われます。
となれば、これをどの様に変更しているのか?は、作った本人のみぞ知る部分。
その情報を持たない人間が、後から解析しようとすると苦労します。
で、この「苦労する」の部分は、そのまま工賃として乗っかりますので。
そう言う意味では、仕様変更した本人が修理する方が早い。と言うのは常識。

と言う事で、当社での料金が発生する前に、施工したお店への相談をお勧め致しましたが。
施工されたお店は西日本にあるとの事で、少々難しいのだとか。

そんな訳での、当社へのご相談となるのですが。
不明部分が大きすぎて、事前見積もりは難しい。
最終的な金額は結果論、しかもヘッドライトが関わるとなると30〜40万円は軽く超える可能性が高い。
しかも、それ以外の部品が発生する可能性もあるので、車両代替えも選択肢に入る金額になるだろう予想も容易いです。
であれば、余計な修理費を発生させる前に、同クラスの車を探した方が良いのでは?
しかし現状では中古車の価格も高止まりなので、これもまた難しい選択。
現状、進むのも退くのも難しい世の中で御座います(涙

上記を踏まえ、お客様とご相談させて頂いた結果。
現時点で故障確率の高いBCMのみを交換する事に。
ただし、BCMが経年劣化で故障する確率は低いので。
それを故障させるに至った原因は、そのまま残ってしまう可能性があるのは大きなデメリット。

そうは言っても、ヘッドライト単体の調査、もしくは新品への交換は非常に高額。
であれば、取り敢えずの状況回復という事での着手となりました。

ゴルフ7のBCMはグローブBOX裏にあります。

ベースは左ハンドルなので、本来はステアリングコラムの外側に位置する事になるのですが。
VGJにより日本に入ってきたmk7は右ハンドルなので、グローブBOX裏になる訳です。
どっちの方が作業は楽チンなのか?いつも考えさせられます(汗

ハーネス確認を容易にするために、サイドパネルを外します。

エアバックコネクタも外しますが。
これは後でエラー消去するので問題なし。
黄色いコネクタは緊張感を誘いますが、丁寧に扱ってあげれば大丈夫です♪

そしてグローブBOXを外します。

DiscoverProの配線やらETCの配線やら、外す配線が多いのがグローブBOX脱着の面倒さ。
車両情報を統括するDiscoverProでもありますから、エラーは多岐に伝播します。
各部品からの通信が遮断されますのでね、車としては何が起きてるのか!?と慌てる訳ですよ。
人で例えるならば…はグロいのでやめましょう(汗
それにしても、何かすごいところに配線が通ってるな…。

そしてBCM。

いや見えないし指入らないし…。
これやる時は、いつも指が傷だらけ?いやもう慣れましたかね(笑
整備書では確か、真下に下ろす事になってたかと思いますけど、やれるもんならやってみろ状態。
車両ハーネスはモーパイでの脱着となります。
こういう時は、指先に目が欲しくなりますが。
掴んだ瞬間に失明する事になるので無茶ですね、それかもう一つ指関節が欲しい(切実

なんて事を妄想しながら交換し、アダプテーションして交換は終了。
そして緊張のキーON。

灯火類は無事に点灯。
心配していた「キーONと同時の再故障」も発生せず。
現時点では各々正常に機能しております。
ただし時間差での故障は責任を持てず、これについては織り込み済みでの作業とはなりますが。
しかしそれでも、やっぱりヘッドライトは診ておきたいところ。
これが自分のであれば間違いなく着手してますが、そうでは無いのが残念であります。
でもしかし、単純にBCMの経年劣化故障の可能性もある訳ですから。
必ずしも悲観的な感じになる必要はありません。
あくまでも可能性の問題で、ここから何事もなく済む可能性もあります。

もしライト交換を伴うのであれば。
内側U字部の点灯を純正機能でクリアできるスマートさでおすすめしたいのが純正のR用ヘッドライト。
内側のU時点灯に加えて「DLA(ダイナミックライトアシスト)機能」も装備できますし。
DLAはゴルフ7世代で純正装備している車両が国内にはいないので。
修理と一緒に装備するならばハードルは低くなるかと。

「ゴルフ7:Dynamic Light Assist(ダイナミックライトアシスト)レトルフィット」

アイライン部分の塗装のためにカラ割りは必須ですが、それでもリスクはかなり低かったはず。
そうは言っても、今まで正常に機能していたのだから、それは車と施工者に感謝ですね♪
結構な手筈で、しっかりと作業されていたのであろう事は、容易に想像できます。
たぶん当社であったら、やっていない作業でしょうしね。
施工後のリスクを考えると、自分の車での趣味でなければ手を出さない部分です。

それにしても、まずは無事に直ってくれて良かったです。
車両のカスタム具合から、車に対する愛情は伝わってきますし。
走行距離も、まだまだ手放すには惜しい距離ですし、これから乗ってくるレベルですし。