Tag Archives: ヘッドライト

ゴルフ7ヴァリアント:灯火類ガチャガチャ点灯修理(東京都)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうもテツヤです。

本日のご紹介は、都内からお越しの「VW ゴルフ7ヴァリアント」で御座います。

汎用性の高さにおいて、とても優秀という個人的な感想のヴァリアントさん。
人が乗れて荷物も積めて、それなりにしっかりと走ってくれて、そこそこ頑強という優秀さ。
ハッチバックよりは長いけれど、幅が一緒という点でゴルフ並みに乗り回しの良さもありますし。
輸入車とは言っても驚きの価格帯にはなりませんので、所有するのもキツくはないですし。
一般的な使用面での平均点の高さが魅力でしょうか?対抗馬はボルボになってくるんでしょうかね。

さて今回のご依頼は、灯火類のガチャガチャ点灯修理です。
「ガチャガチャって何?」と思われるかと存じますが、状況をご確認頂ければと。

上記は、すべての灯火類を点灯させた状態ですが。
ヘッドライトが片側点灯していない等、本来であれば点灯している筈のものが光ってません。
例えば、どこか1箇所が。とか、どれかから順番に。であれば、それぞれのバルブを疑うのですが。
これが同時発生となると、嫌な予感しかしない訳です。
そう、たぶん犯人はBCMでしょうね…(汗

お客様の思い当たる発生条件は、テールランプのバルブをLEDから電球に戻した辺りからだとか。
これが逆であれば可能性は高いですが、社外LEDから純正電球となると、関係性は低そう。
それよりも可能性が高そうなのは。

やっぱりヘッドライトでしょうか。
TSIヴァリアントには内側のU字部分が点灯するライト設定が無いし、アイラインが黄色の純正ライトは無いですし。
確認しますと、ライトをカラ割りしての塗装と。
内側を点灯する様にカスタムし、外側のU字部と同時点灯させてのデイライト化のカスタム仕様。
となれば、まず疑いたくなるのはヘッドライトでしょうかね。

「車検対応」という事で、コネクタを取り付けて。
これを外せばU字部分は消灯する様になっているのですが。

コネクタを外すと、U字部分は内側も外側も消灯しちゃいます。
純正仕様で点灯する外側U字も消灯しちゃうとなると、ライト配線を弄ってると思われます。
となれば、これをどの様に変更しているのか?は、作った本人のみぞ知る部分。
その情報を持たない人間が、後から解析しようとすると苦労します。
で、この「苦労する」の部分は、そのまま工賃として乗っかりますので。
そう言う意味では、仕様変更した本人が修理する方が早い。と言うのは常識。

と言う事で、当社での料金が発生する前に、施工したお店への相談をお勧め致しましたが。
施工されたお店は西日本にあるとの事で、少々難しいのだとか。

そんな訳での、当社へのご相談となるのですが。
不明部分が大きすぎて、事前見積もりは難しい。
最終的な金額は結果論、しかもヘッドライトが関わるとなると30〜40万円は軽く超える可能性が高い。
しかも、それ以外の部品が発生する可能性もあるので、車両代替えも選択肢に入る金額になるだろう予想も容易いです。
であれば、余計な修理費を発生させる前に、同クラスの車を探した方が良いのでは?
しかし現状では中古車の価格も高止まりなので、これもまた難しい選択。
現状、進むのも退くのも難しい世の中で御座います(涙

上記を踏まえ、お客様とご相談させて頂いた結果。
現時点で故障確率の高いBCMのみを交換する事に。
ただし、BCMが経年劣化で故障する確率は低いので。
それを故障させるに至った原因は、そのまま残ってしまう可能性があるのは大きなデメリット。

そうは言っても、ヘッドライト単体の調査、もしくは新品への交換は非常に高額。
であれば、取り敢えずの状況回復という事での着手となりました。

ゴルフ7のBCMはグローブBOX裏にあります。

ベースは左ハンドルなので、本来はステアリングコラムの外側に位置する事になるのですが。
VGJにより日本に入ってきたmk7は右ハンドルなので、グローブBOX裏になる訳です。
どっちの方が作業は楽チンなのか?いつも考えさせられます(汗

ハーネス確認を容易にするために、サイドパネルを外します。

エアバックコネクタも外しますが。
これは後でエラー消去するので問題なし。
黄色いコネクタは緊張感を誘いますが、丁寧に扱ってあげれば大丈夫です♪

そしてグローブBOXを外します。

DiscoverProの配線やらETCの配線やら、外す配線が多いのがグローブBOX脱着の面倒さ。
車両情報を統括するDiscoverProでもありますから、エラーは多岐に伝播します。
各部品からの通信が遮断されますのでね、車としては何が起きてるのか!?と慌てる訳ですよ。
人で例えるならば…はグロいのでやめましょう(汗
それにしても、何かすごいところに配線が通ってるな…。

そしてBCM。

いや見えないし指入らないし…。
これやる時は、いつも指が傷だらけ?いやもう慣れましたかね(笑
整備書では確か、真下に下ろす事になってたかと思いますけど、やれるもんならやってみろ状態。
車両ハーネスはモーパイでの脱着となります。
こういう時は、指先に目が欲しくなりますが。
掴んだ瞬間に失明する事になるので無茶ですね、それかもう一つ指関節が欲しい(切実

なんて事を妄想しながら交換し、アダプテーションして交換は終了。
そして緊張のキーON。

灯火類は無事に点灯。
心配していた「キーONと同時の再故障」も発生せず。
現時点では各々正常に機能しております。
ただし時間差での故障は責任を持てず、これについては織り込み済みでの作業とはなりますが。
しかしそれでも、やっぱりヘッドライトは診ておきたいところ。
これが自分のであれば間違いなく着手してますが、そうでは無いのが残念であります。
でもしかし、単純にBCMの経年劣化故障の可能性もある訳ですから。
必ずしも悲観的な感じになる必要はありません。
あくまでも可能性の問題で、ここから何事もなく済む可能性もあります。

もしライト交換を伴うのであれば。
内側U字部の点灯を純正機能でクリアできるスマートさでおすすめしたいのが純正のR用ヘッドライト。
内側のU時点灯に加えて「DLA(ダイナミックライトアシスト)機能」も装備できますし。
DLAはゴルフ7世代で純正装備している車両が国内にはいないので。
修理と一緒に装備するならばハードルは低くなるかと。

「ゴルフ7:Dynamic Light Assist(ダイナミックライトアシスト)レトルフィット」

アイライン部分の塗装のためにカラ割りは必須ですが、それでもリスクはかなり低かったはず。
そうは言っても、今まで正常に機能していたのだから、それは車と施工者に感謝ですね♪
結構な手筈で、しっかりと作業されていたのであろう事は、容易に想像できます。
たぶん当社であったら、やっていない作業でしょうしね。
施工後のリスクを考えると、自分の車での趣味でなければ手を出さない部分です。

それにしても、まずは無事に直ってくれて良かったです。
車両のカスタム具合から、車に対する愛情は伝わってきますし。
走行距離も、まだまだ手放すには惜しい距離ですし、これから乗ってくるレベルですし。

ゴルフ7ヴァリアント:ヘッドライトバルブ交換「BELLOF 純正補修用バルブ」(神奈川県)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうもテツヤです。

本日の作業紹介は、神奈川県からお越しの「VW ゴルフ7ヴァリアント」で御座います。

今回のご依頼はヘッドライトのバルブ交換。
ここ最近で多いご相談は、車検前や車検後の「暗さ」を指摘されたからというものや。
あるいは実際に自分で使っていて「暗い」と感じたので〜のご相談が増えている気がします。
昔のからの「白く格好良く」というご相談は変わらずですが。
それと同じくらいの割合で、暗さを問題としたご相談が増えました。

さて「暗さ」となりますと。
これは実用的なレベルでの話になりますので、6000kぐらいの青の入る白をお勧めする事はできません。
また「整備時に指摘された問題」でもありますので、そもそもが、そこを求めていない。
そして「修理」に近い相談内容となりますので、コストはできるだけ安い方が良い。

そこでのお勧めとなりますのがコレ。

Continue reading

ゴルフ7GTI(5G):ヘッドライトバルブ交換(東京都)

本日も当ブログをご覧頂き有難う御座います。
どうもテツヤです。

本日の作業紹介は、都内からお越しの「VW Golf7GTI(5G)」です。

懐かしの5G型ゴルフ7。
かつての愛機「7師匠」を思い出します、向こうは黒ではなくて白でした。
思い返せばゴルフ7が出た頃も、少なからず車両配備というか装備は混乱していた記憶。
GTIにはある装備がRには無かったり、HLにはあるのにGTIには無かったり。
仕事柄、私の記憶しているのは主に電装部品なのですが、あれの理由はなんだったのか?
今では思い出せませんが、当時も半導体だったっけかな?あるいは仕様地毎のパワーバランスだったか?
どちらにせよ、新型には混乱は付き物なんですな、その大小はあったとしても。

さて今回のご依頼は、ヘッドライトのバルブ交換。
早朝にお電話を頂きまして。
「車検で光量不足を指摘されたのでバルブ交換をして欲しい。」
とのご相談。

Continue reading

RSQ3(8U):ヘッドライトバルブ交換「LED→LED」(東京都)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうも テツヤ です。

本日の作業紹介は、都内からご来店頂いた「Audi RSQ38(8U)」で御座います。

みんな大好き”RS”のご入庫で御座います。
Q3ベースの車両なので、そこそこのサイズ感なハイスペックSUVです。
う〜ん…カッコ良い♪

さて今回のご依頼はヘッドライトのバルブ交換。

以前に交換させて頂いた、ベロフのLEDバルブが暗くなってしまったので。
現行型の「オプティマルLEDパフォーマンス2」に交換致します。


左が今まで装備していた「オプティマルLEDパフォーマンス」。
右が今回交換する「オプティマルLEDパフォーマンス2」。
コンバーターの有無が、大きな違いでしょうかね?

それにしても、よく焼けているな「オプティマルLEDパフォーマンス」。

新品時と比べると、色が全然違いますね。
コードのところのカバーも変形しちゃってますし。

やはり熱処理が鬼門なのかなぁ。
「LEDだから長寿命」ってのは一般的なイメージでしょうし。
メーカー側もそれを売り文句に掲げているし。
どんな車種でも、概ね3年ぐらいは普通に使えて欲しいってのが希望。
「LED化」ってのは、まだまだ難題が残ってる様です(汗

「オプティマルLEDパフォーマンス2」はコンバーターが廃されたので、取付は簡単になりました。
前モデルはコンバーターの設置場所に悩む事もありましたのでね(汗

交換が終わったら点灯テスト。

そうそう。
これぐらいはびかっとしてて貰わないと!ですね♪

そして完成。

撮ってて気付きました。
ボンネット開いてます(汗

LEDの白い発色は綺麗で好き。
実用性では、まだHIDの方が良いものの。
ライトONですぐに安定するのも魅力です♪

「東京町田の自動車電気専門店」
㈱アユミ電機

東京都町田市高ヶ坂3‐27‐15
TEL:042-728-9843
FAX:042-724-3682
Mail:ayumi-d@vega.ocn.ne.jp

ザ・ビートル:ヘッドライトバルブ交換(東京都)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうも テツヤ です。

本日の作業紹介は、都内からご来店頂いた「VW ザ・ビートル」で御座います。
ただし、また車両全体像を撮り忘れましたので、車両の画像は無しで御座います…。
撮ったはずなんですがね、撮ったつもりになっていたんですね…すみません(汗

という訳でして、早速の作業に入ります!
今回のご依頼はヘッドライトのバルブ交換。
助手席側のバルブ切れを起こしてのご依頼で御座います。

当初はBELLOF製の純正交換HIDバルブを。との事でありましたが。
こちらが既に生産終了で入手不可(正規ルートでは)だったので。
今回はPROMINAの純正交換HIDバルブを使用します。

ここのメーカーはパッケージがシンプルでカッコ良い。
こういうスッキリしたの、個人的には好みです♪
小さいパッケージというのもポイントでしょうね、交換したバルブを保存するにも場所を取りませんし。

さて。
ザ・ビートルのバルブ交換は比較的簡単です。
最大のポイントは「傷防止の養生を行う」って事でしょうか。

ライトユニットをスライドさせて取外す都合上、傷を入れやすい構造になってます。
バンパーの塗装を削りたくない場合は、養生を行うのが必須となります。
特にライトを乗せる部分は、厚めのテープを使用するのが良いです。

ヘッドライトは、まず「ロック」を外す事から始めます。

8mmのボックスドライバーがあればOKです。
書かれている図に従って、ロックを外せばライトも外せます。

以下はロックを外した状態です。

これで、ヘッドライトを車両前方に向かってスライドさせます。
以下のような感じですね♪

その後、コネクターを外せば。
ライトはフリーになりますので、取り外し可能です。

以下はライトのコネクター。
爪の部分を押し込めばロックが外れます。

ゴルフ7などは爪の形状が違うので。
経年劣化で”押しただけで割れる”のを注意するんですが。
ビートルの形状であれば大丈夫ですね。

車両側のフックはこんな感じ。

車種によっては調整に苦労するんですが。
ビートルは、そうでもないです。
総じて、取り敢えずはライト交換に関して苦労はしないでしょうね♪

ライトのバルブは、ライトユニットの裏側に蓋があるので。

これは外せば、バルブに届きます。
バルブ自体の固定はクリップで行われています。

クリップを摘んで、内側に押し込みつつ引けばOK。
これでバルブの固定が外れますので。
あとは引き出すだけ。

左が新しいバルブ、右が古いバルブ。
バルブ形状は同じなので、大まかには同形状。
少しだけ違う部分があるのは面白い。

バルブを交換したら、クリップでの固定を忘れずに。
つまみながら押し込んで、広がったら固定は完了。
ちゃんと溝に入っていればOKです。

点灯テストも忘れずに。
ここで点灯しない様であれば、コネクタの差し忘れ等の凡ミスがあるか。
バルブ切れ以外の故障が発生している可能性があります。

全てOKであれば完了です。
という事で完成図。


6000kですが、そこまで青さが気になるレベルではないですね。
製品位よっては異様に青かったりしますので注意。
青が強いと夜間走行時に後悔します。
雨なんか降ってた日には最悪です(汗
やはりある程度の黄色さは必要。というのが個人的見解。
特に、高速道路走行が多い方は、製品選びが重要です♪





「東京町田の自動車電気専門店」
㈱アユミ電機

東京都町田市高ヶ坂3‐27‐15
TEL:042-728-9843
FAX:042-724-3682
Mail:ayumi-d@vega.ocn.ne.jp

ゴルフ6カブリオレ:HELLA製DRL付ヘッドライトへ交換(群馬県)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうも テツヤ です。

本日の作業紹介は、群馬県からご来店頂いた「VW ゴルフ6カブリオレ」で御座います。

これまたレア車なカブリオレ。
現時点のラインナップにオープンカーは無いので。
国内で走っているVWのオープンカーでは最新式という事になります。

そうは言ってもベース車両はゴルフ6ですから、それなりの年季が入った車という事になるのですが。
でも当社へ入庫されるカブリオレは、どれも綺麗な車両が多くてですね。
これが本当に2世代前か?と思える程です。
やっぱりオープンカーともなると「見られる車」なので、綺麗にされている方が多いのだと思います。
うちの「Roc師匠」も負けていられない!って気持ちになりますね、コチラは”見られる車”では無いですが。

さて今回のご依頼は「ヘッドライトの欧州化」です。
というメニュー表記で、ゴルフ6が現役だった頃、そして新車販売が終わっても暫くは、バンバン行っていた作業ですね、懐かしい♪
ゴルフ7からはデイライト機能自体は、ヘッドライトに装備されていたので。
ライトAssyでの交換は減りましたが、ゴルフ6の頃は本当に数多くのご依頼を頂いた記憶です。

冒頭の画像では既に交換が終了しているのですが。

日本仕様には最後までDRLヘッドライトは導入されず。
最終型にも上記のDRL無しライトが装備されておりました。
しかし欧州では標準装備化されたDRLライトだったので。
それを知っている国内のオーナー様方は、なんとかこれを装備したいと頑張ったのであります♪
あの頃は、今とはまた違う、熱っぽさがありましたね♪

さて作業はバンパー脱着から、そしてヘッドライトを外す作業が必須。

今回は2012年モデルですがカブリオレなので。
車内からライトまでの配線を追加します。


部品点数が多いので、そこそこの作業工数にはなりますが。
ここは慣れたものですので大丈夫。
問題はやっぱり経年劣化でしょうね、今回のお車でも10年経過ですし。
もう少しすると、触っただけで割れる部品を装備した車両も登場するのでしょうね(汗
これは部品自体の問題なので、我々にはどうする事もできないのが悔しい…。

さて完成です。





デイライトを装備して、グッと現代的になったカブリオレ。
最近では、どの車も標準装備となっているので、これは大きな変化ですね♪
デイライトのON/OFFをメーター内のメニューでコントロールできるのもポイント。
何よりも”純正機能”ってのは大きいです。
後付けの社外品では、こうはいきませんので♪

「東京町田の自動車電気専門店」
㈱アユミ電機

東京都町田市高ヶ坂3‐27‐15
TEL:042-728-9843
FAX:042-724-3682

A1(8X):ヘッドライトバルブ交換「LED→HID」(東京都)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうも テツヤ です。

本日の作業紹介は、都内からご来店頂いた「Audi A1(8X)」で御座います。

この、ブルーとブラックのツートンカラーがカッコ良いですね!

いや別に「Roc師匠」と同じだから、という訳じゃなくて。

トップが黒いと低く見えるんですね、ルーフがキュッと締まって見えるから低く感じる。

色で印象が変わるってのも面白いですよね♪

さて今回のご依頼は、ヘッドライトバルブの交換です。

以前に純正HIDからBELLOFのLEDに交換したんですが。

なぜだかD席側のライトだけが、そのうちに点灯しなくなってしまう(汗

既に2回、新品交換対応で処置をするも。

結果は同じで、そのうちに点灯しなくなる。

ライトON時は点灯していても、走ってるうちに消灯しちゃって。

ライトOFFにして一晩置いとくと回復するも、また使ってるうちに消灯。

で、そのうち完全に沈黙しちゃうという状況。

ただしこれはD席側だけで、P席側は正常に点灯してる。

症状は、必ずD席側だけに発生するのです。

保証期間内の不具合なので、メーカー側は保証対応してはくれるのですが。

2回の交換でも状況は改善せず、同様の状況が発生するという点において。

どうやら不具合の原因は、LEDバルブのみの問題ではない可能性がある。

で、おそらくは。

LEDバルブの構造と、車両側との相性の問題と予想。

つまりは、バルブを何度交換しても改善される訳ではなさそうなので。

今回はLEDバルブを諦めて、HIDに戻すという作戦に。

選んだHIDバルブは、BELLOFの純正交換型。

5,000ケルビンのこれは。

純正よりも白いくファッション性があるけれど、6,000ケルビンのバルブより実用性もそこそこ残した製品。

夜間雨天時の走行でも、それなりに使えてくれるHIDバルブです。

「7師匠」までは必ず使っていたバルブですが、残念ながらディスコンとなりました…。

6,000ケルビンのバルブより、オススメだったんですけどね(涙

手前がHID、奥がLED。

ここのところ「LEDバルブ化」が多かったので。

久しぶりに触れるHIDバルブに、懐かしさを感じます♪

さて、取り外したLEDバルブを見てみます。

左側がP席側で使ってたもの、右側がD席側で使ってたもの。

P席側は新品の時と同じ色のままですが。

D席側は完全に変色しちゃってます。

これが1度だけ発生してる不具合であれば、バルブ側の問題として考えられるのですが。

D席側だけで何度も発生しているという事は、車両側にも何かあるんじゃないか?と思う訳です。

おそらくは”熱”なんでしょうかね?バルブはファンで熱問題をクリアする設計になってますが。

それが上手く機能しない?もしくはキャパを超える何かがある?

LEDバルブに交換する前の、純正HIDの時は発生していなかった症状なので。

それであればHIDの方が良いだろうという結論に、ご相談の結果として辿り着きました。

いやいや久しぶりですね。

ライト点灯後に10秒ぐらいかけて白くなるライト♪

カメラのセンサーが焼けるんじゃないか?ってくらいの眩しさです♪

交換後の不具合は当然無し。

あとは使って頂く間で、どう変化していくか?でしょうね。

おそらくは問題ないはずですが。

これでもNGな場合は、ライトユニットに解決の糸口を見つけなばなりません。

そうなってくると、これは結構大変で。

沼にハマってしまう可能性が怖いですね(汗

「東京町田の自動車電気専門店」
㈱アユミ電機

東京都町田市高ヶ坂3‐27‐15
TEL:042-728-9843
FAX:042-724-3682

ゴルフ5(1K):HELLA製ゴルフ5用ヘッドライトへ交換(神奈川県

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうも テツヤ です。

本日の作業紹介は、神奈川県からご来店頂いた「VW ゴルフ5(1K)」で御座います。

今回のご入庫はシルバーのゴルフ5。

いやこれがとても綺麗な個体で驚きました!

いやいや、ここまで綺麗なゴルフ5は久しぶりに拝見致しました。

少々の屋根ヘタレはあるものの、総じてグッドコンディションな感じが凄い。

探せばあるものなんですね、ただし中古車の場合は”出会いのタイミング”ってのがありますので。

探せば見つかるってものでもありません。

そういうところが、まさに”出会い”なのであります♪

さて今回のご依頼はヘッドライトユニット交換。

冒頭の画像は「作業後」のものなので、ライトが綺麗になっているのですが。

ご入庫時のライトは以下の通りでした。

経年劣化したヘッドライト。

09年モデルなので13年経過したヘッドライト。

細かいクラックや黄ばみなど、それなりのコンディション。

まぁ13年も経過していれば、こんな感じになりますな♪

これを今回は、お客様が持ち込まれたヘッドライトに交換します。

VW純正ではなくてHELLA製品。

VW純正部品の製造メーカーなので、基本的には同じ製品です。

ただし、こちらの方が若干低価格。

なので選びやすくはありますね♪

「新品」という事でしたので、ちゃんと綺麗。

”ちゃんと綺麗”って表現もおかしいですが、まぁこの業界、色々とありますんで確認は大切です(汗

中身までは確認できませんので難しいですが、どうやら本物の様なので安心して作業できます。

その手の”不意打ち”には結構泣かされるので警戒レベルが自動的に高まってしまうという(涙

さて。

ゴルフ5のライトユニット交換はバンパー外しがデフォ。

今回も予定通り、サクッと外して…。

と思いきや、忘れかけてました。

このクリップの存在。

ゴルフ6以降の車両にはないですからね。

特に似ているゴルフ6と、記憶が混ざっておりますです(汗

ヘッドライトはボルト3本。

あとはコネクターを外せばフリーになります。

持ち込まれたヘッドライトユニットには。

バルブ類の装備は省かれておりましたので。

これらは、取り外したライトから移設します。

純正バイキセノンではないので、コントロールユニット等は無し。

バルブの入れ替えが終わったら、ライトを戻して終了。

うんうん、綺麗なライトだ♪

ポジション灯、ロービーム、ハイビーム、ウィンカーの点灯を確認して終了。

ライトが綺麗になるだけで、車の印象が全然違います。

車体自体も綺麗だし、まるで新車みたい♪

こりゃあ良いですなぁ♪

「東京町田の自動車電気専門店」
㈱アユミ電機

東京都町田市高ヶ坂3‐27‐15
TEL:042-728-9843
FAX:042-724-3682