Tag Archives: 東京都

ゴルフ7.5GTI:バッテリー交換「MOLL 82070」(東京都)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうもテツヤです。

本日の作業紹介は、都内からお越しの「VW Golf7.5GTI」で御座います。

今回のご依頼はバッテリー交換で御座います。
早いもので、mk7.5もバッテリー交換のサイクルに入るようです。
初期型が登場してから、それなりに時間が経っているという事でしょうけれど。
なんと時間の経過が早いものか「光陰矢のごとし」を、年々身に沁みておりますです。
そんな話をしておりますと、気付けば今年も残り少なくなっております。
1日の使い方を、上手にしなければなりませんね(汗

さて使用するバッテリーは。

Continue reading

ゴルフ8R:ユピテル製ドライブレコーダー「Z300」取付(東京都)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうもテツヤです。

本日の作業紹介は、都内からお越しの「VW Golf8R(CD)」で御座います。

ようやくながら、細々とながら、どうにか納車が始まっているようですねゴルフ8R。
そうは言っても、これを書いている現在(10月末)において。
順調に(?)納車されているのは、発表前に発注していた方だけでしょうか?
「実車を見てから〜」とか「レビューが揃ってから〜」と考えていた人は、既に1年待ちぐらいの納期になっている様です。
いやゴルフ8になってからというもの「それはアウディですか!?」なんて価格帯になっておりますので。
迷わずに発注できる方は羨ましい限りなのでありますが。
しかし、それだけの魅力が”R”にはあるんでしょうね、GTIを超える魅力がそこに。

さて今回のご依頼はドライブレコーダーの取付です。
お選び頂いた製品は、ユピテルの「Z-300」で御座います。

Continue reading

S3(8V):ポジション灯DRL化(東京都)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうもテツヤです。

本日の作業紹介は、都内からお越しの「Audi S3(8V)」で御座います。

いや〜いつ見ても、どなたのを眺めても良いですねS3♪
T-Rocに乗り換えたとはいえ、元ゴルフ乗りとしては常に気になるハッチバックで御座います。
mk8になって少々印象は違いますが、基本的にゴルフは質素なイメージ。
装飾や質感はまぁ置いておいて、質実剛健なドイツ車を楽しんで下さいな♪な印象。

そしてA3、こちらは「もう少し上質なハッチバックは如何かしら?」な印象。
実際に使ってる素材が違ったり、ゴルフより気を遣ってる部分が見え隠れする訳ですよバラしたりしてますと。
そうなると自然と、乗ってる上では真似したくなる部分が出てきたりするんですね。
特にラグジュアリー方面でのカスタムを意識すると、VWでの模範となるのがAudiとなってくる訳です。
まぁそういう意味では、VWを所有するにあたっては、Audiの欲しい部分だけをチョイスしてカスタムする楽しさがある訳ですが♪

さて今回のご依頼はコーディングです。

・ポジション灯DRL化

デイライトは、自車の存在を前方に知らせる事で事故発生率を低下させる機能。
その為の配置とLEDの輝き、そして純正故の統一感。
純正ならではの造形美と機能美は、アフター品では決して装備できない優位性をもたらします。
メニュー画面でON/OFF設定が出来るのも純正装備である証拠、専用スイッチを追加する必要が無いので、車内造形に手を加える必要もありません。

ゴルフ7GTI(5G):ヘッドライトバルブ交換(東京都)

本日も当ブログをご覧頂き有難う御座います。
どうもテツヤです。

本日の作業紹介は、都内からお越しの「VW Golf7GTI(5G)」です。

懐かしの5G型ゴルフ7。
かつての愛機「7師匠」を思い出します、向こうは黒ではなくて白でした。
思い返せばゴルフ7が出た頃も、少なからず車両配備というか装備は混乱していた記憶。
GTIにはある装備がRには無かったり、HLにはあるのにGTIには無かったり。
仕事柄、私の記憶しているのは主に電装部品なのですが、あれの理由はなんだったのか?
今では思い出せませんが、当時も半導体だったっけかな?あるいは仕様地毎のパワーバランスだったか?
どちらにせよ、新型には混乱は付き物なんですな、その大小はあったとしても。

さて今回のご依頼は、ヘッドライトのバルブ交換。
早朝にお電話を頂きまして。
「車検で光量不足を指摘されたのでバルブ交換をして欲しい。」
とのご相談。

Continue reading

S4(8K):DRLウィンカー連動+DRLサイドブレーキ連動+MMIラップタイマー表示(東京都)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうもテツヤです。

本日の作業紹介は、都内からお越しの「Audi S4(8K)」で御座います。

今回は、車検時に初期化されてしまったものの、再コーディングのご依頼です。
ディーラーさんに限らず、整備の内容によっては初期化される場合が御座います。
コーディングで変更した項目を残したままでの作業を。というのは難しい場合もありますので。
こういった場合は、初期化される事は諦めて整備をお願いされるのが吉。
その後のフォローは当社でも行いますので、その点はご安心下さい♪

・DRLウィンカー連動

ウィンカーが点滅している側のデイライトを消灯させます。
これにより、見る側の視認性を高める効果が期待できます。
考えられるデメリットとしては「ポジション灯の玉切れ」と勘違いされる場合がある事です。

・DRLサイドブレーキ連動

純正デイライトが、サイドブレーキON状態では消灯する様に設定します。
コンビニやSA等で休憩時に、DRLのメニューを呼び出す事なくOFFにできるので便利です。
ちなみに、オートホールドの作動ではDRLはOFFになりませんのでご安心下さい。

・MMIラップタイマー表示

車両にラップタイマー機能を装備させ、メーター内に表示させます。
サーキット走行などで役立つ機能です。

RSQ3(8U):ヘッドライトバルブ交換「LED→LED」(東京都)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうも テツヤ です。

本日の作業紹介は、都内からご来店頂いた「Audi RSQ38(8U)」で御座います。

みんな大好き”RS”のご入庫で御座います。
Q3ベースの車両なので、そこそこのサイズ感なハイスペックSUVです。
う〜ん…カッコ良い♪

さて今回のご依頼はヘッドライトのバルブ交換。

以前に交換させて頂いた、ベロフのLEDバルブが暗くなってしまったので。
現行型の「オプティマルLEDパフォーマンス2」に交換致します。


左が今まで装備していた「オプティマルLEDパフォーマンス」。
右が今回交換する「オプティマルLEDパフォーマンス2」。
コンバーターの有無が、大きな違いでしょうかね?

それにしても、よく焼けているな「オプティマルLEDパフォーマンス」。

新品時と比べると、色が全然違いますね。
コードのところのカバーも変形しちゃってますし。

やはり熱処理が鬼門なのかなぁ。
「LEDだから長寿命」ってのは一般的なイメージでしょうし。
メーカー側もそれを売り文句に掲げているし。
どんな車種でも、概ね3年ぐらいは普通に使えて欲しいってのが希望。
「LED化」ってのは、まだまだ難題が残ってる様です(汗

「オプティマルLEDパフォーマンス2」はコンバーターが廃されたので、取付は簡単になりました。
前モデルはコンバーターの設置場所に悩む事もありましたのでね(汗

交換が終わったら点灯テスト。

そうそう。
これぐらいはびかっとしてて貰わないと!ですね♪

そして完成。

撮ってて気付きました。
ボンネット開いてます(汗

LEDの白い発色は綺麗で好き。
実用性では、まだHIDの方が良いものの。
ライトONですぐに安定するのも魅力です♪

「東京町田の自動車電気専門店」
㈱アユミ電機

東京都町田市高ヶ坂3‐27‐15
TEL:042-728-9843
FAX:042-724-3682
Mail:ayumi-d@vega.ocn.ne.jp

T-Roc R(A11/AC7):ディスカバープロTVキャンセル(東京都)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうも テツヤ です。

本日の作業紹介は、都内からご来店頂いた「VW T-RocR(A11/AC7)」で御座います。

いやいや、始まりましたねT-Roc R。
個人的には「Roc師匠」を愛するあまり、MC後の後期型を肯定しない様にしてきましたが。
やはりですね、実車を目の前にしてしまうと、それは難しい様です。
それは往々にして羨ましいからなのでありますが。
やっぱり良いですよねぇ新型は、それも”R”となれば文句なしでしょう(汗
インパネの上部もソフトパッドの合皮になってますし、ちょっと高級感あるじゃないですか?
でもどうせなら、全部合皮にしちゃえば良かったのに…やることが中途半端です(涙

車両をさらりと拝見させて頂きましたが。
Golf8界隈で話題になっている”エンジンカバー未装着現象”は。

T-Roc Rでも当てはまる様ですね。
何か問題があるのか?部品供給の遅れか?それ以外の何かか?
真相は知りませんが、まぁこんなもの無くてもですね、大きな影響はないでしょう。
エンジンも良く冷えるでしょうし…(汗

さて今回のご依頼はコーディング。

・ディスカバープロTVキャンセル

基本的には、停車中と同じ機能を走行中でも使用可能に致します。
同乗者の方にTV視聴の提供が可能になり、また、ドライバーが運転中の為操作できない場合でも、同乗者の方が操作する事でのサポートも可能となります。

「東京町田の自動車電気専門店」
㈱アユミ電機

東京都町田市高ヶ坂3‐27‐15
TEL:042-728-9843
FAX:042-724-3682
Mail:ayumi-d@vega.ocn.ne.jp

T-Roc(AD11/AC7):VW純正後期型シフトノブへ交換(東京都)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうも テツヤ です。

本日の作業紹介は、千葉県からご来店頂いた「VW T-Roc(AD1)」で御座います。

いやいや!なんと同型で同色のT-Rocさんで御座います!
やっぱり嬉しいですね、そして同時にホッとします。
同じセンスの方がいてくれる事の安堵感。
「売れている!」とは言っても、いつものゴルフ程には出会わないので。
そういう意味では一体感に乏しいのがT-Roc。
今のご時世ではオフ会にも顔を出しにくいですし。
仲間がいてくれる事の嬉しさはひとしおで御座います♪

まぁね、良い車なんですよT-Roc。
時勢的に”繋ぎ”で乗る方も少なからずいらっしゃるんですが。
そのまま惚れ込んで乗る方もいらっしゃるぐらいではあります。
そりゃあですね、GTIなどと比べてしまうとパワー不足感は否めないですが。
普通に乗る分には十分な出力を持ってますんで、ガツンと踏んでズバッと追い越しなんかをしなければ。
特に不満を感じる場面は少ないと思います。
厚めのトルクにティグアンより軽い車重と、T-Cross以上の積載を考えれば。
これは絶妙なバランスだなぁ♪というのが個人的な感想。
そこを中途半端と捉えるか?はそれぞれの主観となりますが(汗
贅沢を言えば、Rよりもディーゼルでの4モーションを出してほしいってトコでしょうかね?
良いんですよ、Rはゴルフやティグアンに任せちゃえば。
個人的にはGTDの方がよかったなぁ…なんて思ったりするわけです。

さて本題に戻りまして。
今回のご依頼は後期型シフトノブへの交換で御座います。

T-Crossなんかは初期からこれだったんですが。
T-RocもMC後のからこれになりました。
そういう意味じゃカスタムで交換してる方がメーカーより先だったんですが。
まぁ純正が後追いするってのは珍しい事じゃないので、逆にこれからこれが増えるかも?と思ったり。

ノーマルのガングリップタイプよりも丸みを帯びた形状で。
その昔に流行った「ゴルフボール型シフトノブ」に近い形状。
つまりは握りやすくて操作しやすいですし、艶があって未来的で格好良い。
それよりもの特徴は、トップ部にあしらわれたインジケーターでしょうね。
ここが光るのは注目ポイント♪

作業部位はここですね。

ガングリップはガングリップで良いのですが。
みんなと同じってのはつまらない。と考えちゃうのが車好きの性です♪

シフトノブをパネルごと、ガバッと外すところからスタート。
T-Rocは意地悪な隠しネジがないし、壊れやすい”細い部品”もないので嬉しいですね♪
ただし周囲は、いや周囲もプラパネルなので、傷防止の養生テープは必須です。

パネルごとシフトノブを取り外したら。


シフトノブとパネルを分離します。
合体したままでも作業は可能ですが、いじり回すので外した方が無難。
傷入れちゃう前に分離させちゃいましょう。

分離させたら、シフトブーツを移設。
ブーツを破かないように注意しながらの作業です。
ブーツには前後があるのも注意ポイント。
しつこいぐらいに前後を確認しながら合体させます。

車両側の作業は。

コネクターの接続がメイン。
配線の加工を必要としないので、電気的作業の難易度は低いです。
基本的には、入るようにしか入りませんので。

最後に後期型のシフトノブを装着。


シフトノブをはめたら。
まずはこの時点で動作テスト。
シフトノブの実際の位置と表示が、同じであるかどうか?の確認を含みます。
パネルの表示部とも同じかどうかの確認も忘れずに。

確認が終わったら。

シフトノブをしっかりかしめて固定します。
これ用の専用工具があると楽ちんです♪

コネクター部には「異音防止」を兼ねて、スポンジを巻いておくと良いでしょうね♪

あとはパネルを戻して完成です。




シフトパネルを含めたインパネには、光沢のある部品が多いので。
交換したシフトノブとの相性は良いです。
一体感のある印象は、さすがの純正品。
というかT-Crossには装備させたんだから、T-Rocも最初からこれにすれば良かったのに?
と言ってしまうと、我々の仕事がなくなってしまうので、これはこれで良かったのか。というジレンマはいつもの事。
見た目だけじゃあなくて、握りやすさも向上する部品なので。
広くおすすめしたいカスタムメニューです♪

「東京町田の自動車電気専門店」
㈱アユミ電機

東京都町田市高ヶ坂3‐27‐15
TEL:042-728-9843
FAX:042-724-3682
Mail:ayumi-d@vega.ocn.ne.jp

A3(8V):サービスリマインダーリセット(東京都)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうも テツヤ です。

本日の作業紹介は、都内からご来店頂いた「Audi A3(8V)」で御座います。

いつも思いますが。
午後になってからの撮影ですと、13時過ぎた頃から車に日差し当たり始めます。
今の季節ですと16時過ぎるぐらいには日陰に入るから良いのですが。
その間の時間帯は日向と日陰でパンダ状態になっちゃうんですよね…。
ご予約時間の都合上、避けようがないものでもあるのですが。
せっかく撮らせて頂けるなら、良い状況で撮りたいなぁ…というお話です。

さて今回のご依頼はコーディング。

・サービスリマインダーリセット

車に乗るとお知らせしてくれる「点検整備のお知らせ」をリセットするコーディングです。
通常は定期点検やオイル交換後に行うコーディングですが。
主には、ディーラーに整備をお願いしなくなったユーザー様に定番で御座います。
これを行う事により、また次回の整備時期になるまで、車は沈黙してくれます。

また今回は「2年に1度、毎回これをやるのが面倒なので…。」という事で。
設定できる範囲で最長に致しました。
走行距離200,000万kmか、5年半か、どちらの方が早いでしょうね?
5年半の方が早いかなぁ…。

「東京町田の自動車電気専門店」
㈱アユミ電機

東京都町田市高ヶ坂3‐27‐15
TEL:042-728-9843
FAX:042-724-3682
Mail:ayumi-d@vega.ocn.ne.jp

GLB200d(X247):TVキャンセラー取付(東京都)

本日も当ブログをご覧頂きまして有難う御座います。
どうも テツヤ です。

本日の作業紹介は、都内からご来店頂いた「Mercedes-Benz GLB200d(X247)」で御座います。

ベンツにしては柔らかい感じの印象。
そんなGLBのデザインは個人的に好み。
バチバチに走るんじゃあなくて、のんびりドライブできそうなイメージです。
それはつまり、周囲に与える印象も。て事でして。
威圧的になりにくいのは女性にも好印象なのでは?と思うのです♪

さて今回のご依頼は、TVキャンセラーの取付。

MBでは、ほぼほぼお世話になっているメーカー。
まぁ稀に不具合はありますけどね。
不具合と言いますか、そう”判断されてしまう”という方が正確でしょうか?
そういう流れで処理されていくのがアフターパーツの宿命でもあります(汗

GLBの作業は比較的簡単。

作業場所はここです。
使用工具はトルクスドライバーのみ。
あとはライトがあればOKですね♪

TVキャンセラーの操作方法は。

ステアリングスイッチの「リターン」ボタンでON/OFF。
操作方法も簡単なのが、これの使用頻度が高い理由。
強いて言えば、ONとOFFの切り替わり時に、何かしらの反応が欲しいぐらい。
音でも良いのであれば尚良し。ってところですかね♪

「東京町田の自動車電気専門店」
㈱アユミ電機

東京都町田市高ヶ坂3‐27‐15
TEL:042-728-9843
FAX:042-724-3682
Mail:ayumi-d@vega.ocn.ne.jp